多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2020.9.20 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」 2回目鑑賞記

公開初日。ファンの渇望感も含めて、見事動員一位を獲得した「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場版。完結編=大団円、と思っていた層はかなりいたはずだが、ここまで我々に「あいしてる」を植え付けさせた作品もあったものではない。

しかし、私はすべての前提条件がこの着地であることに驚愕としている。そして、より多くの人が彼女の実年齢に触れて驚愕するに違いない。彼女がドールを引退したのは……

「18歳」であることに。

そう。ストーリーのプロットとしては、先の大戦から4年程度のお話だったのだ。ヴァイオレット自体がかなり高年齢(20代前半)なキャラ造成になっていることが要因なのだが、この「18歳」のありのままをアニメ版でもどのシーンでもひけらかすことはなかった。
唯一それが感じられるのが、外伝の映画である。同年代のイザベラの元に家庭教師として赴任するヴァイオレットに、3カ月という同じ屋根の下で生活するということを通じて初めての「ともだち」を得るのだ。ただ、家庭教師、という響きが彼女を大人に誤認させる。その術中にはまってしまったのだった。もちろん外伝の方がこの劇場版より前の話であるべきなので、郵便社を円満退社したのが18歳とするなら、イザベラとほぼ同年代ということは理解できる。
ところがテイラー編が私を惑わせる。ストーリー上何年経ったとかは言われないのだが、「イザベラの元に家庭教師に行ってからテイラーに逢うまで」最大4年しかないのだ。
WIKIの記述では、「イザベラ(エイミー)に家庭教師に行ってから3年後」となっているので、何とかギリギリつじつまは合う。そうなると、テレビ本編は、凄く気ぜわしい時間経過になっているものと思われる。
映画の方は、どこをどう切り取っても泣ける演出だらけである。言葉にならない最後の邂逅のシーンは、ここ10数年のアニメーションのクライマックスシーンの中でも突出した出来になっている(瀧三は越えてませんけどねw)。
かくして2回目を終える。満席とまでは至らなかったが、カップル/ペアが大挙して押し寄せた。この部分でも初日の入れ込みとは全く様相が異なっている。これからの腰の強い興行を期待したい。

2020.9.20 これがノーラン節 「TENET」鑑賞記

クリストファー・ノーラン監督といえば、極力VFXに頼らない方らしい。つまり、「作り物の映像ではなく撮ったもので勝負する」方のようである。そして何といっても、カルト的な人気を誇る監督でもある。
当然レビュー界隈は沸騰。時間遡行というアイディアにどうやって撮っているのか、どこまでが順撮りでどこからが逆再生なのか、見てみるしかなかったというのが実際だ。
「ふりふら」アニメ版から5分での予告編開始。それでもトイレだけは済ませて何とか隣りの1番に。もうすでに大半が着席しているのだがこれが今日の一本目、という人も多く、7割越えの着席。男女比は伺えなかったが、やや男性優位だったのではなかろうか?50代前半の平均年齢をとる。

この作品だけは、ストーリーがどうとかにはあまり言及したくない。何となれば、テンポがやや早く、自分でも付いていけてないと思える点が多いからだ。序盤のオペラハウスでのテロ、その後の拷問シーン、救出されエージェントになるくだりあたりで脱落してしまう人も出て来ると思うし、あの序盤で起こることが何に起因するのかがわかりにくいと感じても無理はない。
だけれどもそれこそ「過ぎ去ったことはどうでもいい」とばかりに食らいついていくと結構面白くなっていく。
今回も、オープンセットにどれだけの巨費がかけられているのか、想像もつかないのだが、圧巻は何といってもホンマモンのジェット機をビル(安普請まるだしでしたけどね)に突っ込ませるというシーン。普通ならVFX・CGで誤魔化せるはずなのだが、出たとこ勝負なんだろうか、一発撮りを試みている(何回もやりなおせませんからね)。
逆行・遡行するというアイディアを撮影技術で言うところの「逆回し」で対応したのは面白い。ところどころで自分自身も「今が順撮りか、逆再生か」で困ってしまうシーンがあったもんだから、監督としての目論見としては成功しているとみている。ラストシーンは「そう落としてきたのか!!」と驚愕すること請け合いである。

エンターテインメントとしての側面からなら満点の出来なのだが、やっぱりしっくりこないところもある。よって95点とはした。
観客を煙に巻き、独自の世界観をひけらかすことによって「わからない」「意味不明」といった評価を戴くのはある意味しかたのないところだと思うのだが、そこまで哲学的・浮世離れした内容ではない。むしろ、なぜなにを考えさせず、「起こったことは仕方ない」精神で見続けていくと、案外理解が進むかもしれない。

2020.9.20 やっぱりアニメ適原作 「思い、思われ、ふり、ふられ」アニメ版鑑賞記

日曜日=映画鑑賞、という流れはここ最近止まっていない。
それは3連休(土曜含めれば4連休)の初日といえる日曜日であっても例外ではない。

実は、実写とアニメーションが競作する映画、というのは、普通ならそれ相応に間隔をあけてやるものなのだが、「思い、思われ、ふり、ふられ」に関しては実写8月、アニメ9月とちょうど一か月ずれにして公開に踏み切った。
「あー、実写もよかったねえ」「いや、アニメこそ至高」となるようなレビュー業界の意見の散見ぶりを見たかったのか、それとも「一気だし」で顧客の囲い込みをしようと思ったか?
しかし、実写はほどほどの動員をなし得たものの、アニメ版は、東宝製作であるにもかかわらず、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の公開と見事にバッティング。この4連休で書き入れないといけない流れなのにまったく振るわない動員・スタートダッシュとなった(ドラえもんにまで負けているので、ほぼ爆死レベル)。

「あー、それならつまらないのかな」
とはならなくなったのが今の私だ。予告から漂う、高一の男女の織りなす4人の告白合戦。これがストレートに表現されているのではないか、というのが見立てであった。
勇躍、OSシネマズ神戸ハーバーランドに朝一で突撃。館内は、他の動員かかっている作品を尻目に公開末期か、と思えるくらいの入れ込み。女性優位になることは決まったも同然だったが、意外なことに家族連れが入ってきたのだ。ぎりぎり10名越え、当方が最高齢、平均年齢は30代前半と推定する。

原作未見、実写が初めて、という映像化に当たって、この作品のオープニングで「あ、こっちの方が好みかも」となった。まず、主人公というか、目線は由奈なのだ。彼女の人となりが実写版より多く語られる。ここが実写版との違いである。
ここが違うとどうなるのか、というと、義理ながら兄弟・家族メインで考えている朱里より、恋愛事始め的なことだけに傾注する、キュンキュンする、と言ったほんわかした由奈ばかりが目立つのだ。
もちろん、原作に内包されているであろうイベントごとはほどほどに網羅されている。「ノリ」でキスするシーンとか、高架下での告白とか。だけれども最も特筆すべきは、由奈と朱里の関係性がものすごく言われているところにある。
この二人が軸になって、男性陣が添え物/脇に徹したことであちこち飛ばなくなっていく。ここも実写との大きな違いだ。実写が「家族との結びつき」にとかく言及しているのに対して、本作は、「家族より友人関係」と、比重を明らかに変えていることだ。その結果、全員のキャラの方向性が見ていくうちに定まっていく。特に由奈の成長度合いは、この作品でも感じられる。
ラストシーンを、公園で見つめる4人で〆た実写の演出より、何気ない登校風景で〆たアニメ版の方に納得感が大きくでる。実写で謳われていた引っ越しとかの記述も取り入れなかった(オリジナルではないみたいだけど)のもストーリーを薄めなかった。

得点は、「やはり予告を信じて良かった」の想いもあり、94点と高評価である。
実写では、兄弟として北村拓海・浜辺美波という「キミスイ」コンビを使った。もちろん、ドラマとしての彼らの起用は成功している。だが、快活であるべき北村演じる理央がどうにも暗く感じたのだ。また、同じ男性陣で、和臣の家族の無理解(あれだけそろえた映像ソフトを全部捨てるなんて、信じられない)も特筆すべき点だ。
家族関係を描きすぎて(彼らベテランクラスにもギャラは出ているからかな?)4人の人物描写が薄く感じた実写より、4人にできるだけ寄り添ったアニメーション版の方が、確実に原作から漂う風味というものを感じられる。なにより、漫画・アニメチックな表現が使えるからそこだけでも山谷が作れる。アニメ適な原作であり、はまるのは間違いなくアニメ版だと理解できるはずである。
描き方ひとつで良作にも凡作にもなる。アニメ向きの原作は、どうしても実写では描き切れないところが出てくるのは仕方ない、と割り切るべきなんだろう。エンドロールで、実写に登場した4人がクレジットされていたのだがガヤで出ていたのだろうか?
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ