多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

2017.9.30 完全に発症www きみの声をとどけたい 4回目鑑賞記

明日から10月。
正装=スーツ上下で出かけることにいぶかられにくくなる時間帯。そう。いまだにこの格好でスクリーンに対峙することを止められないでいる。

それは以前にも書いたかと思うが、制作者に対する一種の礼儀と感じているからである。礼儀。我々観客にとって、出来上がったものしか見ることはできないが、そこに隠れている裏側と、そこで展開される葛藤、たたかい…それらすべてに敬意を表したい。「新海誠展」を観てから、その想いはさらに高まっている。

土曜日初日の「シネマート心斎橋」での公開は、当初のスケジュールでは発表されていなかった。9/14のファーストランが終わった時点で、京阪神は完全消滅。9/30、16日ぶりの大阪での復活は今までのリピーター諸氏にしてみれば、願ってもないことといえたかもしれない。

何十年ぶりに訪れるアメリカ村/ビッグステップ。ビル4階に劇場はあるのだが、何気に長蛇の列が3階時点で出来上がっている。「!!」と思ったのだが、同じフロアにあるライブハウスへの入場客でごった返していただけのことだった。4階に上がってみると劇場の方は閑散そのもの。ほっと胸をなでおろすとともに、君縄状態にまでこの作品が昇華するわけないわな、と自己完結する。初めて少し前目のD列を選択。

入場時に観客数を押さえるが、いわゆる後ろ入りのみで前の方に着席するとカウントがしにくい。だが、今までの当方の最高観客数である14人は何とか超えてくれた。でも100席キャパに対して2割は行っていないとみる。私の後ろにはオタらしい3人組が着席。一人は一度くらいは見ている模様でちょっとした解説をしていた(公開時期を知っているのは確実に映画が気になっている証拠)。はじめてカップルも見つけたが、このカップル、場内明るくなっても二人とも延々泣いてました。

ストーリーは完全に手の内。ただ印象的な長台詞は紫音となぎさが初対面したときなど、結構あるのだが、あのシーンはむしろ、もらい泣きするのが正解かと思って練習していないww
それよりも!!
完全に「Wishes Come True」病にかかってしまった。2016年10月にはそこまで行くとは思っていなかったRADWIMPS病も、今でこそほぼほぼ完治しかかり、カラオケで歌唱の際にも感極まることは少なくなってきている。だが・・・彼女たちが歌うこの曲は本当に反則である。登場人物が歌う歌で泣かされる。それも本当に号泣に近い、いや、完全に自我が崩壊するほど泣かされるのだ。
特に2番の歌詞は書き出すだけでやばい(と言っているそばから塩っぽくなる顔)。
 
 潮風 かおるあの場所 集まった思い出は この先 どこにいても 一生の(大事な)宝物さ

もうここは紫音目線で読めば涙を禁じ得ない。母親の看病疲れで、表情も消えた紫音にとって、2017年夏の想い出はこの歌詞にもあるように「この先どこにいても一生の宝物」になっているはずである。紫音役の三森すずこ嬢の、泣きながら歌う演技は、さすがにひよっこの面々には難しいところだし、素晴らしい芝居だといえる。
この曲が流れる5分余り。奇跡が立て続けに起こる画面と相まって、泣かされっぱなしである。
初見はあのシーンを「過剰」と表現した(ツイでのレビュー)。もちろん、その見方は今でも変わっていない。ただ、曲が持つ力は本当のコトバだけのコトダマと違う効能があるのかも、と思えば、あの演出もあながちやりすぎと断罪するわけにはいかない。

そう。回数見るごとにこの作品の評価が上がってきているのである。実際、ランキングを訂正しようかな、と思っているくらい。ただのはまりではなく、こういう作品こそが正しく評価されないと、本当に今後のアニメーション界はこうした作品を手出ししなくなる可能性すらある。
とにかく年内は追いかけられるものなら追いかけるつもりにしている。そんな作品が一本増えただけで幸せである。

2017.9.30 勘違いがもたらした幸運 ダイエー塚口店店舗訪問

まったく記事内容が変わってしまったわけだが、無理もない。
私は「ドムドムの9月末日閉店」を「一番館閉店」と読み間違えてしまっていたのだった。
要するに、今更行っても始まらない…という、無駄足になってしまったという体たらくだったのである。

シネマート心斎橋には最低でも17:30には着かなくてはならない。しかし、仕事終わりから塚口で使える時間はそれほど多くない。最速と思しき電車に乗っても、使えるのは30分あるかないか…

ドキドキしながら塚口に降り立ち、1番館2階につながる回廊に向かうべく階段を上がる。入っていくと、様子がおかしい。完全に衝立で仕切られて通路しか確保されていない…
この時点で「あっっ」と気が付く。一か月前に1番館は閉鎖していたことに。

さすがにへなへなとへたり込むところまではいかない(8/18にある程度の点描写真は押さえてある。「こんなこともあろうかと」という予防策がうまくはまったことになる)。一か月も間違うか…
となると時間は余りまくる。3番館の動きも気になったので、買い物がてら覗いてみる。

即席麺試食記(342) 廉価版の限界 マルちゃん麺づくり 醤油


にほんブログ村

「麺職人」の全面リニューアルで劣勢に立たされることになるマルちゃん「麺づくり」。
ノンフライめん/価格帯ほぼ同じ、という、ライバル同士の一戦は、全粒粉を使った麺に移行した「麺職人」が、一定のアドバンテージを持ったまま、市場を独走しそうな勢いがある。

私の場合、同じ価格で二つ並んでいたら、日清の方を手に取ってしまう。たしかにどっちもどっちなのだが、パッケージングの妙で買わされてしまうのである。
今回は安売りの目玉にされていたことで購入に至ったが、レベルとしても、もう一ランク訴求するところがないと厳しく写ってしまう。

いまや、カップ麺の中心価格帯は150円前後(希望小売価格ではなく実勢価格)。そこより安い製品に購入する/させる原動力が生まれ得るかというとそこまでではない。通常価格より安い、といった動機がメインになってしまう。
だからこそ、リニューアルして飽きさせないようにするわけだが…麺づくりにそこまでの気概とコンセプトが存在するのか…フツーに終わってしまった実食を終えて、今後の製品の行方に一抹の不安を覚える。


 購入店舗   関西スーパー 大開店
 麺    7.5/10   スープ   7.5/10    具材  6.5/10    総合計 21.5/30
 価格補正  なし     合計   21.5/30     格付け   B(これ以上は無理か?)
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ