多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

即席麺試食記(327) 何でもかんでも、は… 日清 シーフードヌードル味焼きそば


にほんブログ村

カップヌードルの一大名跡といってもいい、シーフードヌードル。
バリエーションがいかようにでも組み合わせられる、奇跡の配合。このレシピだけは門外不出なのだろう(他社メーカーが何年経ってもこの味に追いつけないのは、間違いなく秘中の秘がそこにあるから)。

だからと言って、なんでもあり、とまでは、うまく行かない。汁なし風のカップヌードル=焼きそばにしてみたら…製品開発担当の方には失礼を承知で言うが「そんなの誰しも考えそうなこと」といえる。そして、そこにちょっとしたスパイスなり、アレンジを加えないと製品として成立しないことくらい、わかりそうなものである。
製品情報HPはこちら

結論から言うと、「これはハズレというか、もう少しがんばりましょう」レベルとなった。
麺は、焼きそば風にしてある。カップヌードルカテゴリーながら、焼きそばにも分類される商品でもあった。私が一押し足りないと感じたところは、あのヌードル麺だから合う味なのに、焼きそば麺が相手だと、どうしても力感が物足りないところである。
つまり、濃い味にすべきところなのに、ほぼそのままの配合でチャレンジしたのではないか、と思われるところである。麺もやや多め(80g)だし、味の面での物足りなさが半端ない。
具材はオリジナルのシーフードヌードルに寄せているし、なんといっても、オリジナルには入っているものの、クレジットされていない紅しょうがのアクセントが効いている。だからだましだましでも食べられるのだが、そういう、後ろ向きで食べることになろうとは思わなかった。

くどいようだが、外れの部類に入ってしまう、残念な結果。意欲は買えるが、もう少し手数というか、アイディアはあってしかるべきではなかったか?と思わざるを得ない実食になってしまった。

 購入店舗   ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.0/10   ソース   6.0/10    具材  7.0/10    総合計 20.0/30
 価格補正  なし     合計   20.0/30     格付け   B-(どこかが欠けている)

即席麺試食記(326) これくらいほしい 日清 REDシーフードヌードル


にほんブログ村

カップヌードルの一大名跡といってもいい、シーフードヌードル。
この味を最初に生み出した人に一度話を聞いてみたいと思う。それくらい、この味に惚れこんでしまっている人は少なくないだろう。

この味の最大の特徴は、どんな付加調味料でも受け止められる奥行きの深さにある。だから、世界の味選手権でも、この味がベースになっていると思われる、香港のシーフード味が優勝する結果につながったのだと思う。
http://www.cupnoodle.jp/sekaisenkyo/#! 当該製品の試食記はこちら
REDシーフードヌードルは、そういうわけで、安パイであると同時に、やはり夏場に向けて一度は試しておきたい味ということができる。
ちょっと古い試食記も発見。

この試食記の時のうすぼんやりとしたハズレ感は今回は感じなかった。なにより、きっちり辛いし、きっちり赤い。それだからベースとなるシーフード味も活きるというものである。
ほかはいつも通り。たまのバリエーション違いも乙なものである。


 購入店舗   ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.0/10   スープ   8.0/10    具材  7.0/10    総合計 22.0/30
 価格補正  なし     合計   22.0/30     格付け   B+(絶妙のバランス。)

即席麺試食記(325) 店の味なのかと問われると 日清 白樺山荘 辛口みそラーメン


にほんブログ村

以前から言っているように、みそラーメンの調味は、カップ麺であれ実際のラーメン店であれ、かなり難しい。それは、ベースのスープにもよるものだが、肝心の味噌にこそ原因があると思っている。
甘すぎる=白みそ分が多いと、つまらない味になってしまうし、逆に赤みそが多いと、スープの見た目も塩辛さも半端なくなる。もちろん、振り切った店舗というものも見てみたい気がするのだが、かようなわけで、みそラーメンは、ラーメン界の中でも難しい一品だといっておきたい。

そんな中にあって、日清が手掛けた北海道の有名店舗とのコラボ。ほほう、と思って日清のHPをまさぐるが…まさかの情報なし?!
仕方ないので他のラーメン試食ブロガーの記事を見てみる。すると、いろいろと食べておられる方もいるのだが…またぞろ、企業企画の製品ですか…

これはこれで具合が悪いのではないか、とも思うのである。何しろ、メーカーJANは日清。なのに情報が載っていないというのはちょっとまずいようにも感じるのである。
試食を終えてブログを書く段階でのこの情報があって初めて、いろいろと考察できる部分も出てくるのに…これがないとなんか中途半端である。

泣きごとを言っても始まらないので、さっさと本題に入る。
結論から言うと、「辛さが前面に出てき過ぎで、みそらしさがスポイルされている」ということになる。もちろん、辛口とうたっているわけだし、それが十分主張しないと製品に偽りあり、となるところだが、いい意味でセオリー通り、悪く言えば過剰な感じは否めない。
かといって「ハズレ」でないことも事実。麺は太めの扁平ながら縮れ麺を持ってきた。スープを受け止めるこの麺の選択は大正解。具材も、実際の店舗でも入っているであろう、キクラゲがいいアクセントになっている。
夏場に食べるには、スパイシーでなかなかいい汗も出せる。大型カップにしてあるのも、納得の出来である。
激うま/リピーターにまで成ることは無いが、有名店コラボとしては、当たりの部類に入るだろう。

 購入店舗   ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.5/10   スープ   8.0/10    具材  8.0/10    総合計 24.5/30
 価格補正  なし     合計   24.5/30     格付け   A+(喫食には耐えられる)
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ