多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2013.4.6 南大阪シリーズ 2店舗目 遠回りだったか?GC中もず店


にほんブログ村
実は番外編が埋まる出来事が富雄に向かう道すがら&駅に向かう途上で、2度も遭遇した。これについては後日の番外編をお楽しみに。

<乗車> 富雄 11:29 区間準急尼崎行き 生駒下車
     生駒 11:41 急行 大阪難波行き→大阪難波 12:04
     なんば→なかもず 市営地下鉄御堂筋線乗車 なかもず着 12:31(ここまで運賃:740円)

うまいこと特急とニアミス。有料特急など早々乗る機会もないので乗りたかったが仕方ない。
さて、GC中もず店(0721)は、元はといえば、敷地そのものをダイエーが持っていたものの、立替が必要になり、跡地利用として、ホームセンターのコーナンやほかのテナントが入る、俗に言う、パワーセンター様式の建物に生まれ変わった。6年目のシーズンに入っているのだが、なかなか好調のようで、昼時だったせいもあるがにぎわっていたのが印象的である。
向かう道すがら、「あれ?ここってつい最近来たよな」と紐解いてみると、2011年10月に再訪問しており、今回実に3度目になってしまっている。こういう「度々来てしまう」店舗はなかなかない。

GC中もず店


ここで食事。食べてみたかったブランドだったので、勇躍注文したのだが・・・こちらも番外編をお楽しみに。
ちなみにこの店舗では、「レジ袋辞退」すると、2円引きにしている。ほかの店舗では「ポイント付与」だったのだが、初のケースである。


訪問店舗データ 
 店舗名  ダイエーグルメシティ 中もず店      店コード  0721(先代:0206)
 購入品  ポケット菓子など3点            購入金額  262円

2013.4.6 南大阪シリーズ 1店舗目 昔はユニードだったんですよ?富雄店


にほんブログ村
今回は、意外と、電車の乗車時間なども分かっているので、それも含めて書いていきたい。
自宅近くの地下鉄駅で当該切符を購入。三宮まで乗車する。
最初に行く店舗は奈良県にある富雄店(0432)と最初から決めていたのだが、理由は遠隔店舗がある場合、そこから順に内側にせめて行けば時間のロスが減るから/自宅に近づくことで帰りが楽になるという理論からである。

ちなみに当初は、懸案でもあるGC本山(0174/なにしろ正月からの宿題w)や、やや歩きが発生する小林店(0211)などを回ってからここにしようかと思っていたのだが、意外に到着するまで時間がかかることが判明、兵庫県下を今回は諦めて、回る事にした。
<乗車> 阪神三宮 9:33  快速急行奈良行き→生駒 10:43
     生駒 10:49 大和西大寺行き→富雄 10:53(この間の料金:830円)

きっちり一時間半かかるとは思っても見なかった。ヤッパリ、奈良は兵庫民にとっては遠すぎるのだw
しかし始発駅からの乗車でほぼ座り通し。2周目の読書「三国志」もさくさく進んでいい感じである。
出だしでなにを買うかはかなり重要。しかし、ご存知、小原製菓の「ミックスあられ」を発見してしまい、脊髄反射wwほかもろもろも購入して、いきなりかばんの中はあふれてしまいそうな勢いになった。

富雄店


訪問店舗データ 
 店舗名  ダイエー 富雄店         店コード  0432
 購入品  米菓など4点           購入金額  562円

急遽開催! 南大阪シリーズ(1)プロローグ 荒れ模様だから行くっ!

実は、既に関西地区にあるダイエー店舗は100%網羅している(一度は必ず買い物はしている)。
今年に開店予定の数店舗(いずれも建替えの庄内と水無瀬)は、今のところアナウンスも聞こえず、かといって既存店の様変わりようや、今後の店舗の動向を見極めるうえでも、「2度目/3度目」の訪問はしておいて損ではない。

という訳で、大荒れと予報された4月6日に、ほぼ大まかな方向性だけを決めて、遠距離店舗中心に再訪問を決行することにした。
しかも今までの訪問に使っていた自動車ではなく、全移動を私鉄を使って行うことにした。それというのも、期間限定で、管内の私鉄乗り放題のきっぷ「スルッとKANSAI 3DAYS」が発売されているからである。
<いわゆる春の行楽/ゴールデンウィーク中の移動に活用してもらう意図で開発されたもの。1700円以上/日乗れば、元は取ったも同然>

何度目かになる訪問を受ける店舗は今回少なめの6店舗。時間ぎりぎりまでまわるつもりもなくはなかったが、夜の帳が下りたときの店舗写真が余りに見栄えしないことから、日没までと決めてしまったため、意外に少ない数になった。
とはいえ当初は、余りの遠距離ゆえ、やめようかと思っていた店舗を逆に採用し、ある程度エリアを固めてまわれたこともあり、次回の店舗訪問では、コンパクトにまとめられそうである。
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ