多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2007年09月

本日の取引 9/13

 ○本日の取引
 買い 4723 グッドウィルG 指値11500円 1株

 とうとう、ここまで下がってしまったグッドウィル。しかし、10000円割れはいくらなんでも考えにくい、と言うことで、活況を呈している中、何とか底値付近で購入。購入後仕事に出て相場は見ずにしばらく放置。
 そしたらなんと、午後2時ごろから突如上昇に転じ、終わってみるとマイ買い値のプラス3500円で終わっていた!短期筋の買いが大量に入った模様で50万株以上もできていた。いいところで買えた訳でここはしばらく保有。

 ○しかし、その他のマイ銘柄総崩れ
 とくに9712 トランスデジタルの下げはあまりにきつい。悪材料が出ているわけでもなく、「四季報速報」も覗いたがきになる指標は感じられない。もっとも、ここまで下がると、膨らみ続けていた信用買いが一気に解決しそうで、需給面での重しが取れそうである。
 
 

本日の取引 9/11

 ○本日の取引
 買い  9712 トランスデジタル 指値30円 600株
     4842 USEN   指値694円 20株

 ○今日の出来事
 昨日(9/10)大幅下げでマイ銘柄たちもかなりのダメージ。しかし「下げどころはチャンス」とプラス思考が芽生え久しぶりの買い発動。とは言うものの、マイ銘柄たちの難平に資金を使わなくてはならない現実。
 アイビーダイワが本日乱高下。十分買えていただけにちょっぴりショックである。さて派遣業界は風雲急を告げる事態に。グッド/フルキャストともにストップ安。特にグッドウィルはまたまた上場来安値を更新。コムスンショック直前の高値8万円から見ても、じつに80%以上の下げを記録している。私のような弱小投資家でも十分に手の届くところまで落ちてしまったわけだが、仕掛け的な売りの側面も否定できない。そろそろ売り方の買戻しは期待できるところだろう。

 ○そろそろ年末に掛けた予想を。
 去年の予想はかなりの線正解だったと思う。だが今年は不確定要素があまりに多すぎる。第一はなんといっても米国のサブプライム問題。日本がバブル期に企業に貸したのと同じことを個人にやってしまったわけだから、その代償はかなり大きいと見る。何しろアメリカは個人消費の国でもあるからである。年末商戦はかなり苦戦を強いられると言う話すらもう聞こえてきている。
 第二はそれに伴う金融の動き。すでに円高/ドル安は猛烈な勢いで進んでおり、輸出企業の多い製造業がかなりの打撃を受けることは必至。逆に輸入に頼っている加工メーカーや小売にとってはやや追い風となる。
 そして第3は政局。おそらく安倍政権は年内の総選挙を乗り切ることはできず(臨時国会中の解散総選挙は、あの言質から考えてほぼ確実。ついに与野党逆転が起こること必至)政局は混乱することになるだろう。それにしても余計なことを言ったものである。
 と言うわけで予想レンジを発表。
 ・9月 16200−16500円
 日本経済の実態を表しているとはいえない現在の水準から少しは戻す。
 ・10月 15800−16600円
 サブプライム問題も最終局面。国内の業績優良会社に注視。
 ・11月 16200−17000円
 ようやく17000円の大台に再チャレンジ。じりじりと平均株価は上がる。
 ・12月 16800−17500円
 新興市場もそろそろ息を吹き返し、活発な売買。まあまあの大納会。 
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ