多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

2008年03月

本日の取引 08/03/17

 ○購入 
 9712 トランスデジタル 指値 11円 1000株
 売却
 2372 アイロムHD  成行 2株 10120円

 ○持ち高調整、完了!
 2372 アイロムは久しぶりの1万円乗せで売る気になった。2株処分で2万円ほど。購入価格は8280円と17570円。26000円の元で2万円なら「負け」の部類には入らない。そのうちまた難平をかましていくつもり。
 9712は出色の価格帯、またしても出現で、思わず手が伸びた。直近2000株の平均所得価額は14.5円。20円台乗せで余裕の利益だ。

 ○とうとう12000円割れ。
 「予想の範囲内」とはいえ、やはりここまで下がってしまうと、底値を模索する動きになりはしないかと不安にはなる。ただ「安値は買い場」であることも事実。
 私の考えなので、あっているかどうか分からないが、日経平均の下げ率より大幅に下げている銘柄はファンダメンタルがどうあれ割安なのではなかろうか?ちなみに直近最高値の日経平均は昨年7月の18000円台。今の水準はそこから36%下げている。7月の株価から見て「36%以上」下げていればその株は割安という判断だ。ちなみにトヨタ(7203)でやってみると、7月高値が7880円、36%下げで4992円。今日の終値4830円は「やや割安」ということになる。為替がらみで国際優良株は、この計算どおりだとしても割安とはいいにくいが、ひとつの目安にはなるだろう。
 

本日の取引 08/03/14

 ○売却 
 9448 インボイス  1755円 指値全量 7株

 ○久しぶりの損切り
 株式市況は、アメリカの景気後退局面入りを現実のものとして受け止め始めた。急激な円高はその証左ともいえる。
 今日も結局は安値引け(日経平均)。それを見越したわけではないが、余りにパフォーマンスの悪い9448を損切りしたわけである。ま、それをいうなら他のマイ銘柄は?という突っ込みもあろうかと思うが、損失の度合いが違いすぎる。ここでの引きは一種の攻めと理解している。

 ○9712、また最安値水準に!
9712 トランスデジタルがまたしても上場来安値に瞬間顔合わせ。買いに行ったろうと思ったが、たまたまネットしておらず、買いそびれる。終値も10円と、またしても危機的水準。とはいえ、これ以上の下値は考えにくいだけに、ちょっとした祭りを期待。

 ○チェック銘柄に異変!
6423 ABLITが吹いた。主市場である大証では出来高トップの350万株弱。もちろんストップ高と、市場全体の重苦しさとは無関係に一人気を吐いた。決算発表がようやくなされ、次期決算では黒字予想というのが根拠らしいが、この次期予想が余りにできすぎている。特にパチンコ機売り上げ予想が45000台というのは、どう考えても多すぎる(今期決算で11800台くらいしか売れてない。4倍強も売れる機種が開発できるとは到底思えない)。まあ、化けの皮がはがれるのは時間の問題ともいえるが…。もっとも「株価」だけを見れば、十分買えていた水準だったわけで、手を出せなかったことは反省材料だ。

本日の取引 08/03/11

 ○買い
 9448 インボイス 1780円指値→1779円で出来 3株

 ○へたこいたぁ orz
 4723 グッドウィルの急騰は、まさに予想外。債権の譲渡が確定的となり(かなりの安売りをしたようだ)、身軽になると同時に外資系の傘下に入ることとなることも確定。取引面ではいまだに売り方優勢状態の信用もまだまだ先高感を予感させる。
 それだけに、16千円台の仕切りは正直早まった感。まだ保有しておけばプラス30千はあっただけに…。トホホ。まあ、インボイスが購入後にやや持ち直したのが何よりの救い。
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ