○売却
 6670 MCJ 指値 13950円 2株全量
 日経平均プット 459回  2000WR 2.56円
 日立製作所プット 75回  2000WR 1.43円 

 ○売りどころや、良し!
 6670は、正直言って「いつ売ってやろう」と手薬煉引いていた銘柄である。
 買いで入ったときから「10000円超えるまでは」と思っていたわけだが、5月下旬におそらく「出遅れ」から買いが集中。あれよあれよというまに当方の目標価格を超えてしまった。そうなると楽しみは「上値追い」・・・。
 といきたかったが、利益を目の前にその利益を確定しなくてただ数字の増減を楽しむだけでは何のための取引か?そもそもすでに利益出しは済んでおり、もはや過剰なまでの上値追いは急落時に「死んだ子の年を数える」いやな流れを作ってしまいそうでいやだった。
 本来なら今日の初値で仕切りたかったが寝過ごし。あわててログインすると、なんと、1500株以上の大口の成行売りの場面に遭遇。あっという間に前日比700円オーバーまで売り込まれる。その後戻してはまた売り込まれるを繰り返していたが、10時過ぎに前日比変わらず寸前まで値を戻して拮抗状態に入った。ここを逃さず13950円で売りを出し、約定と相成ったわけである。
 今日の相場の中で考えると、朝一を逃した割には高値で売り切れた当方の勝利といえるわけで、後場に入っても結局当方の約定値を上抜くことはなく終了していることが、まさに「売りどころ良し」と結論付ける根拠である。

 ○ワラントはまだまだ勉強すべき点多し。
 そもそもプットで入ったのはGMがらみで株式市場が混乱するとの読みから。しかしここまで底堅い流れになっているとは…。反省の意味も含めて、そして負けを忘れさせる大勝の影に隠れてひっそり手仕舞い。
 そうは言っても、要するに流れをつかめるかがポイントとなるわけで、6/8に新規に建てられるワラントの登場を待って再度仕掛けてみたい。