多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

2011年04月

WIN5、やってみました。その2

きれいに外れたわたしの買い目をご覧いただいた。
しかし、こういう馬券こそ、ピンポイントで買って当たるはずもなく、『広く浅く』買わないとあたらないということがよくわかるものである。
勝ち馬が完璧に予想できるレースが1つしかなくても、後を人気どころで収めれば、的中に近くなるのでは、というのが当方のWIN5攻略への一歩と考えたのだ。
たとえば、すべての対象レースで買い目を4番人気馬まで網羅すると4^5=1024通り=102400円はかかるものの、今回の馬券は取れる勘定になる(ちなみに払い戻しは81万円強。71万あまりの利益がある計算)。
仮に3番人気馬までなら3^5=243通り=24300円となり、今回の場合実は4レース目までは当たっている。5レース目で涙を呑む『最悪』の結果が待っていたともいえる。
5番人気馬まで広げるとどうなるか?5^5=3125通りとなるものの、今回の結果からすればまだ利益は取れているのでここまでがおそらく許容範囲内といえるだろう。この場合、オール五番人気馬で決着すればそれこそウン千万の払い戻しが期待できる。
データを取ってみないとなんともわからないが、重賞限定ということは勝ち馬に低位人気馬が突っ込むような『荒れる』結末が想像しにくいだけに、人気どころのBOX買いで手広く買うのが正攻法にも思える。そして、意外にも、高配当を得るために勉強しなくても、機械的に買えば何とかなる馬券とも言えなくもない。

WIN5、やってみました。その1

起死回生?の一手ともいえる、JRAの新馬券『5重勝』。任意でできるのかと思ったら、開催要領によると『最終メインレースからさかのぼっての5レース』が対象になるそうな。
開催初回の例で行くと、
 東京11(皐月賞)が殿のメインレースなのでこれを含む5レース(京都10→東京10→新潟11→京都11→東京11)
 の組み合わせしか買えないと言うことである。『重勝』と『重賞』をかけているかどうかは定かではない。
 しかも、ネット購入しか受け付けない(そのうち窓口発売に対応することになるかもしれないが、そのためのマークカードを開発せねばならず、関門は意外に多そうだ)状況では、オヤヂには無縁の馬券かもしれない。

 さて、当方も『初物食い』というわけで早速購入。
 買い目は順に 15→10→1→(02,11)→(04,05)の4通り400円。『保守的だなあ』の声も聞こえそうだが、そもそも直前のパドック診断が通用しない『あて物』馬券。低位人気馬を据えて即沈没だけは避けなくてはならない。特に一発目の京都10Rだけはなんとしても当てたく感じ、ぐりぐりの一番人気馬を指名することに。
 レース結果はご覧のとおり。
 京都10    15(1番人気)    ○  
 東京10     4(3番人気)    ×
 新潟11    14(3番人気)    ×
 京都11    13(3番人気)    ×
 東京11    12(4番人気)    ×

 チャンチャン♪でしめたいところだが、ちょっと意外な結末になっている。次回に続く。
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ