多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

2013年06月

今月の結果 記事は増やしてますが、PV伸びず、一巡?

6月も終わり、一年の半分が終了した。
本当にあっという間でちょっと怖いw

さて、即席麺試食記が主体になりつつあるブログになっていこうとしている面もあって、ここ最近はPVは大きく伸長する事はなくなっている。
3桁PVも2日に落ち着き、総PV数は5月の6割ほど。とはいえ、むしろ5月が出来すぎだったともいえるわけで、順調に「おなじみさん」は増えている実感はある。
「多趣味」と言っている割に趣味とは一切関係ない、ブログネタに呼応する投稿も行っているが、即席麺からみばかりでは面白くないのでこういった「読みもの」的な投稿も進めていくことにする。

盛夏到来。とはいうものの、もうひとつの仕事はお金にならず、極貧生活は相変わらず。何とかしたいところである。

「自己負担」だけが唯一の方法ではない。

ブログネタ
辛坊キャスターの救出費用、自己負担するべき? に参加中!
自身が持っているレギュラー番組もかなぐり捨て、盲目のヨットマンに随伴する形で太平洋横断に挑んだ辛坊治郎氏。結果的に日本出発から5日目に、謎の物体(同じくヨットマンの堀江氏によると、ぶつかってきたのは海洋生物で、テレビ「ミヤネ屋」では「シャチ」と断言されていた)との衝突で、チャレンジ断念を余儀なくされた。

とはいうものの、実は、もしリタイアするのであれば、この短期間の航海で済んだことを奇禍とすべきであり、もう少し距離が離れていたとしたら、救助そのものも困難になっていただろうし、二人揃ってお亡くなり、という最悪の状況もあったと認識しておくべきである。
そういう過酷な航海を、ハンディのある方と一緒にすることに当方は最初から危惧していた。そもそもどうしてこの時期に太平洋横断なのか・・・。そして障害者と、8月に渡りきれていたという結果から見えてくるもの・・・。

そう。「24時間テレビ」の存在である。辛坊氏は日本テレビ系列のよみうりテレビに所属していたことがあり(現在フリー)、横断成功となれば格好のネタになる。勿論、たきつけた張本人も影にいることは明白だが、そして表向きは24時間テレビのことなどこれっぽっちも出ていないが、感のいい視聴者なら気付いていてもおかしくない。

さて、そうなってくると冒険という名を借りた「企画」の代償に税金が使われると言うのは、いささか過ぎた対応ではないか、と言う声が上がるのは当然である。
また、ご自身が、危険地帯のイラクに出向きまんまと人質にされてしまった日本人に対しては「自己責任」云々とコメントしていたことにも触れられ、今回のような冒険の失敗→救出も自己責任で、という声が上がるのも無理からぬところである。
「この国の国民」という、もって回った言い方しか出来ない、マスコミ人士である辛坊氏。勿論、かかった費用を救出者に請求するといったことは、公的機関である自衛隊や海上保安庁がしないのは当然であり、自己負担せよ、という声があっても無理な相談である。
今、彼に出来ること。それは、今までの暴言---故・中川昭一氏に対するものも含めて--をすべて謝罪し、コメンテーターとしての立ち位置を引退し、その上で私財を「この国の国民」のために使っていただくことだと思う。
よってネタに対する回答として、当方は、「別の方向・方法で社会に還元するべきであり、直接的な自己負担はしなくていいしするべきではない/再チャレンジはもとより、業界からの引退推奨」としたい。

即席麺試食記(37) PBの限界 カインズ ソース焼きそば


にほんブログ村
雨の振り方が激しく、外に出る気喪失。
食事に、と、在庫になっているカップめんたちを眺めていたのだが、しょうゆヌードル以来レビューの止まっているカインズシリーズが目にとまった。

ここ最近は新商品系を中心に追っかけていたこともあり、また在庫処分を進めないと賞味期限の問題もある。一種切羽詰った決断でもある。
今回はソース焼きそばを選択。キャベツだけの具材に頼りなさげなソース。申し訳程度のふりかけ・・・。
お湯を入れる前からある程度の結末は予想できていた。

湯きりを済ませソースを絡めて食べ始める。
思ったとおりの「残念感」が場を支配する。麺はまだ一番ましなのだが、ソースの平板さにむしろ口をあんぐりさせてしまった。ソース焼きそばなんて、麺とソースしかないのに、肝心のソースに手を抜いているのでは、評価しようもない。

勿論、ここですぐに「逆に考えてみた」。88円で、全国規模でもないHCごときで、ここまで製品にするほうがどれだけ大変なことか、と言うことを想起したときに、「がんばっているな」と見ることも出来なくはない。NBで、ストレート麺にもしているUFO(日清)と比べようとするからいけないのであって、この製品はこんなものだ、と割り切って食べればそれほど負の面も見えにくい。

麺  2.4/5  ソース 2.0/5  具 2.0/5   価格考慮  総合評価 72点
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ