多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

2014年01月

2014年1月のアクセスまとめ/順当に3桁ゼロww実力はこんなもんか?

今月は、正直、大々的なニュースもなく、強いてあげれば関東シリーズを催行したことぐらいしかない。
これで2000PVもらおうというのがどだい甘い話であり、それでなくても、まだまだ「常連氏」がいっぱいついているほどの実力など持っているはずがない。

まあ、どこかで変な趣味を持っているブログ、てな感じで紹介でもされたら大化けしないとも限らないが、それは結局他人任せな話。もうひとつのブログは相変わらずしょぼい動きのままなのだが、それはそれで気にも留めていない。

4桁PVが維持できている、と言うのが唯一の救いである。
気長にやらせてもらう、としか言いようがない。

※2/中旬に、2年ぶりの沖縄訪問を控えています。この間は記事の更新がおろそかになり、一気に投下することになろうかと思いますので、あしからずご了承ください。

これは参った・・・ 永井一郎氏死去は寂しすぎる

ついに!そのときがやってきてしまった。
サザエさんで一家の長としてやってきた「波平」役、機動戦士ガンダム(初代)のナレーション、はたまた「うる星やつら」の錯乱坊(チェリー)といったコミカルな役どころまで網羅し、ベテランの域と言うよりも、声優of声優といっても過言ではない永井一郎氏が死去した。

長寿アニメーションが避けて通れない、担当声優の死去は、これまでいくつかのアニメーションが経験してきた。中でも一番スムーズに継承できたといえるのは「物まねタレント」を主役に挿げ替えたルパン三世くらいであり、それ以外は声優の技量で持っているというのが実態である(カツオ役の高橋和枝→冨永みーななんかはその典型例)。

事実上、レギュラーはこれ一本と見られているが、ここ最近はナレーションの仕事も数多く請けていたはずであり、わたし個人としては、「急死」に近いものがあるのではないかと思っている(記事によれば宿泊先の風呂場で倒れていたとのこと。82歳であった)。

サザエさんの雰囲気がどう変わってしまうのか、見ものではあるが、本当にここ最近、声優界の巨星といわれる人々が姿を消していくのはなんともはやさびしい。
速報に際し、取り急ぎ記事にしました。今はただ故人の業績に敬意を表しつつ、合掌。

2014.1.21 関東踏破シリーズ エピローグ 反省点は多々あるが・・・


にほんブログ村
出だしで躓きっぱなしの今回。よく事故もせずやってこれたものだと感心する。

それにしてもカーナビの当てにならないこと。事前のシミュレーションとは違うルートを選択してしまった経路が何回もあり、特に16号線を手段に使った津久井→相武台間は遠回りな上に時間もかかるという最悪の選択をしてくれたりしていた。
面倒でも、地図ソフトの最適解を持参しておくべきだな、と痛感した。

もちろん当方の所要時間算出もやや精度が甘かった部分は否めない。平日昼間に一般道平均時速30キロは明らかに盛りすぎだった。何の疑いもなく、地図ソフトどおりの計算で旅程を立てたために後半になるに従って予定通りことが運ばなくなっていくのは自明の理だった。
途中で碑文谷を止める決心を早めにしたことで、精神的な痛手を大きくこうむらなくて済んだのも大きい。
本当に千葉2店を最初から行かないつもりにしておいて良かったといえる。どの道また新店でもできれば行かないといけないのだから、一種「宿題」があったほうがいいのだ。

それにしても・・・。スクラップアンドビルドの歩調が完全に店舗減少傾向にしかつながっていない今の状況は危機的といわざるをえない。ついに直営店舗数200店割れもありえる水準にまで落ち込んでいるのだから、売り上げ・利益が取れようはずもない。閉鎖間際の店舗も活気すら感じられず、そろそろやばいのかな、と感じずにはいられない。

個人的な記録の面で言うと、北海道全店と仙台/千葉県の2店舗/九州+奄美大島+壱岐 が大きなエリアとして残っており、検討中の北海道シリーズは梅雨時〜夏場を予定している。
いよいよ完全制覇が目前になりつつあるのだが、それよりも何よりも、店コードの異動だけはしてほしくないというのが切実なる望みである。

livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ