多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 いろいろと埋めてまいりますのでお楽しみに。

2014年03月

2014.3.31 こんなに「最後」を飾る日も珍しい ジャンボ・いいとも・5%

3月末日といえば、年度の最終日。2013年度の「大晦日」といってもいい一日である。
しかし、この日に限って、これほどまでに「さらば」が乱舞するということはあまり記憶にない。

私個人の中では、つい最近まで、「消費税5%最後の日」くらいにしか認識していなかった。そもそも「いいとも!」の最終回を先週の金曜日と早合点していたくらいである(その証拠にブログネタでは2014.3.28付けでいいとも最終回の空想観覧記を書いてしまっている。3/31まで放送すると知ったのは3月にはいってから)。
ところが私の中で最もびっくりもし、「ああそうなんだぁ」と感慨深く感じていたのはジャンボジェットことボーイング747−400の国内線からの引退と言うニュースである。

大量輸送の先駆けであり、2階席が設けられたせいもあって、やや機首部分がこんもりしたようなスタイル。4発のジェットエンジンが長距離輸送をも可能にしたわけであり、飛躍的に空の旅が身近になった、エポックメーキングな機体でもあった。
その一方、747の輝かしい歴史に汚点をつけてしまった日航機123便事故は、ひとたびジャンボが落ちれば悲劇的な結末が待っていることを世間に知らしめるきっかけにもなった。ジャンボが退役したことで、満席同士の旅客機が空中衝突でもしない限り、この事故の犠牲者を上回る航空機事故はおそらく発生しないであろう。

2014年3月31日は、長寿番組の終焉/ジャンボの退役/5%最終日・・・おそらくまだいろいろと「終わってしまった」こともあるだろうが、なんか、またひとつ、昭和が遠くなったような、そんなきがする一日になった気がする。

3月のPV実績結果 落ち着く。新規大ネタもなく3桁も2日止まり

今年に入ってはじめてのラーメン店訪問記など記事数は意外に稼いだつもりだったが、PVの積み増しにはあまり効果がなかったようである。

とは言うものの、当方くらいしかレビュー記事を書いていない日清「麺の贅沢」の2品のおかげで、何とか月間4桁を維持できていたのかな、と思わずにはいられない。

さて年度も変わって4月もスタート。いい感じでPVが伸びて行くような記事を書いていきたいとは思うが、いかんせん、そういうネタにもぶつからない。一応4月には「某業界の有名人」に会うので、そのときのレポートが上がるくらい。D店舗めぐりも大ネタばかりが残っている状況で、今後どうして行くのかはちょっと未知数になってしまっている(ただ、仙台は一地区一店舗だけでも今年中に踏破予定であり、北海道シリーズも、年内にできればこなしておきたいところ)。

そう考えると「多趣味」と銘打っている割には、範囲が意外と狭いのかな、と思ってもみたりする。
まあ今年一杯は今のスタンスを変えずにやっていくことにする。
※2014.3 のPV総数は 1771PVでした。たくさんのご来訪、ありがとうございました。

即席麺試食記(107) 今年もこの季節♪ 東洋水産 四季物語 桜海老香るソース焼きそば


にほんブログ村

どういうわけか、「春」編にはよく遭遇できているマルちゃんの「四季物語」。もはやCMの必要性もないくらい、浸透したといえるわけで、また、1クールドラマ全盛/携帯の新機種もほぼ3ヶ月1となれば、こういう季節感を漂わせる製品の登場も悪くはないといえる。

さて、今まで「焼きそば/ラーメン/うどん」できた四季物語のラインアップ。今回は「焼きそば/うどん/そば」に変更になっている。まあ、ラーメンの桜海老バージョンは無理やり感もあったことだし、そばに変更はむしろ好材料である。一期一会的な製品だけに3品種すべてをコンプリート。今回の実食には「焼きそば」を選んだ。

パッケージにまずは釘付け!「あとのせサクサク香ばしい桜エビ天」の文字を認めて「ほほう、なかなかやりよるな」と感心。去年のバージョンでは、桜エビはソースにまみれてしまい、存在感も、彩の面でもショボーンな結果になっていたこともあって、いい改善ができていると感じた。→去年の製品レビューはこちら
さて実際の実食だが、好印象だったのは、あとのせ天ぷらを乗せるまで。
麺は若干頼りなくなり、歯ごたえももうひとつ。サイズ的にはエースコックのイカ焼きそばレベルなのだろうが、この麺では、終盤にかけて食べていくのが苦痛になるレベルだ。
ソースは前作とほぼ同じで、刺激度も深みも少ない、平板な感じ。もっとも、過剰な焼きそばフレーバーは感じず、むしろおとなしめに振った結果かと納得する。
そして、ふりかけ的になってしまったあとのせの桜エビ天だが、確かに、彩りと言う点では、前作よりは赤が残り主張できているので悪くは見せない。だが、かじってみると、結構油まみれな感じがして「ゥッ」となる。あとのせにしたことでカリカリ感を出したかったのは無理からぬところだが、こんなに油っぽく感じるなら、油落としもかねて湯通し(麺と一緒に茹でてしまう)したほうが食後の後味も良かったのではないかと思う。

桜えびという食材に正直振り回されている感すら漂う「春」編。来年は、春を感じさせる、別の食材を探して、取り入れてもらいたいところである。

   麺 2.8/5  ソース 2.8/5 具 2.6/5  総合評価 76点

【参考:昨年の製品の評価】 麺 3.2/5  ソース 3.0/5 具 2.6/5  総合評価 83点
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ