多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2014年05月

【続報】猛者は世の中にもたくさんいらっしゃるわけで・・・

ああ、もう自分でネタ振りしてしまった手前、外れだったらどうしようか、なんて勝手に追い詰められているアフォ状態ww。

一応「公式発表」を待ちたいのだが、WEBで「ダイエー金山店」で検索すると、なんと動画が転がっているではないか。
→「タ゛イエー金山店の思い出」と言うタイトル。この動画にアクセスすると、別の方々が、閉鎖日当日のシャッタークローズ前の閉店挨拶などを動画に収めて投稿している「閉鎖厨」らしき動画がいくつも存在。どういうわけかダイエーがらみが大半という、ちょっと面白いラインアップになっている。


私自身は、ここまでのスキル/環境にないので、せいぜいブログアップどまりだが、世の中には猛者が一杯いるものである。
さて、実質「今日の発表」なかりせば、前回の「未確定速報」は見直しを迫られるので、一応お知らせしておきます。

うーん、イライラwww


にほんブログ村
公式発表を今か今かと待っていた5/29(木)・・・。とうとうHP上では、当該店舗のオープン告知は成されないままに過ぎていった。

と言うわけで、当方の【未確定速報】は幻に終わってしまうのか・・・と思い、もう一度、直近の新規オープン店の告知状況を確認してみる。

・相武台店(0760)  →オープン 2013/9/5(木)に対して 告知は 13/8/30(金)
・GC水無瀬店(0759)→オープン 2013/6/6(木)に対して 告知は 13/5/28(火)
・GC庄内店(0758) →オープン 2013/4/25(木)に対して 告知は 13/4/18(木)
・南浦和東口店(0757)→オープン 2012/9/29(土)に対して 告知は 12/9/25(火)
・草加店(0756)    →オープン 2012/4/26(木)に対して 告知は 12/4/17(火)

とまあ、ものの見事に告知開始からオープン日までがテンでばらばらと言う統一感の無さを露呈してしまっている(相武台のスケジュールにのっとっているとすれば、明日が正式発表日になるはず!!)。

ちなみにフライングしていないかな、と思いつつ、HP上の店舗情報も覗くのだが、愛知県内は4店舗のまま。もし5/30の発表がなければ、「愛知シリーズ」は持ち越しになってしまう・・・。
月末か月初/木曜日がデフォルトになりつつある営業開始日を勘案すれば、6月5日(木)以外に金山店(おそらく0761)のオープン日は考えられない。

とにもかくにも、明日のニュースリリースは要チェックである。

2014.5.24 グランカルビー入手記(3)  もう食べるしかないっッッ

夜行バスに揺られて、小休止はあったにせよ、実に5時間あまり立ちっぱなし・・・。なんかいろいろ買いたいものもあったと記憶していたのだが、達成感に一気に疲れが出てしまい、まっすぐに電車に乗り込む。と言うより、購入した14箱分の荷物を持ってあっちこっちウロウロできるはずもなかったからである。もう少し早くに終わっていれば久しぶりの競馬実践も視野に入っていたのだが・・・

ともかく家に帰着。しげしげと6品種たちを眺める。たった60gの内容量で500円・・・普通のポテチは、ほぼ同量入って実売100円前後・・・。確かに商品としての成り立ちから何から違うので、価格だけで比較するのは場違いであることは承知の上だが、これでそれほどでもなかったらどうしてくれよう・・・

まずは塩味から。
手に取った感じは、意外に重量感はないものの、一般のポテチにありがちなべとつく感じは一切ない。さあいざ実食。
一言で言い表すならば「クッキーのようなポテトチップス」だといえる。極厚切りのポテトをどうやってあげているのか、は知る由もないのだが、クッキー的であることがジャガイモで実現できるとは思っても見なかった。
だから、味付けとしてのホワイトチョコ仕立ての「イチゴ」であったり、「焦がしミルク」と言う、キャラメルコーティングの製品が成立するのだろう。また、この「焦がしミルク」が絶品である。コーティングのせいもあって、プレーン系の製品とは袋の中身で差は出るが(トータル重量は同じ60gだが、コーティングの重量分、入っている枚数が少ないのだ)、それを相殺して余りあるできである。「トマト」を絶賛したのはおふくろ。田舎出身で野菜にうるさい彼女をうならせたのだから、半端ない完成度だといえる。

購入記を3回に分けてしたためたわけだが、結論を述べさせていただくなら、「これ、輸出しても十分戦えるんじゃね?」というクオリティーの高さを見せつけた格好である。製品に関しては、すべてにおいて、非の打ち所がない。本来ならば、お菓子ごときに5時間近くも並ばないと買えないなどとは、正気の沙汰とは思えないのだが、製品自体がここまでのクオリティー=半端ないものなのだから、それに見合うだけの対価(時間)を支払わないと買えないのも仕方のないところであろう。
私自身は、店員さんに「いつか並ばないでも買える時が来て欲しいものですね」と声はかけてみたのだが、安定供給ができるときに、いかにこの品質を落とさないでやれるのかどうか、は疑問である。鹿児島工場に一番近い大規模消費地・大阪でこの有様である。名古屋・東京と多店舗展開できる素地を作るつもりがあるのかどうか・・・。未来永劫ブームが続くとは思ってもいないはずである。グランカルビーの「次」に期待して終わりにする。

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ