多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2014年11月

2014.11.22 「非韓五原則」読了。

YouTube上では11/25発売とされていたこの単行本だったが、書店注文してみるとなんと、土曜日である11/22に入荷していることが判明。本屋から連絡があったので嬉々として受取に向かう。
→こちらが本のご尊顔www Amazonより
非韓五原則 −こっち見んな 来んな 居座んな−
某国のイージス
サンクチュアリ出版
2014-11-25



基本的には、前作である「韓国と関わるな!」と同様に、動画のText書き出しがメインになっているのだが、今回は、全方位的におもしろ記事をピックアップするのではなく、「非韓五原則」とされる、「助けない、教えない、盗ませない、来させない、関わらない」のジャンル分けをしたうえで、それぞれに該当する記事を厳選するというやり方で、実によくまとまっている。
一種嫌韓の入門書的な立ち位置でもあるが、それでいて、憎むべき相手、という書き方はほとんどしていない。今日もおバカ度全開でーす、という内容ばかりなので、動画も知らずに初めて読むならば、驚愕の情報の連続だろうと思う。

著者の優れている点は、情報ソースの大半を韓国の本国記事に求めているところにある。これをするから、韓国情報に疎く、まして「悪いニュース」は一切報じない大手と違う筆致で動画が起こせるのだと思う。特に軍事ネタは、もう、本当にギャグ・ハリボテの世界である。ぜひ、動画サイトの方もご覧いただくことをお勧めします。

ちなみにおまけ的な役割の書下ろしの小説は中途半端な締めでややがっかり。他方、「中国と関わるな!」コーナーは、完全書下ろしということもあって、かなり気合も入っていた素振りがうかがえて、これも楽しく読めた。

豊作過ぎた去年に比べて…

ブログネタ
流行語大賞候補、知らない言葉はいくつ? に参加中!
今年の流行語大賞50選のラインアップは、正直しょぼすぎる、どころか、本当にこんなものはやっていたのか、と思われるものが大半すぎて、戸惑ってしまう。
→今年の50選はこちら

本当に当方の周りではやっていた、といえない言葉ばかりで、本当に説明できるものって少ないんではないか、と思ったのである。
というわけで、知っているものを消していくとこうなる。
輝く女性 STAP細胞はあります バックビルディング まさ土
トリクルダウン デング熱 ダメよ〜ダメダメ 2025年問題
危険ドラッグ アイス・バケツ・チャレンジ 家事ハラ   マタハラ
ありのままで レリゴー こぴっと ごきげんよう
リトル本田 J婚  ゴーストライター タモロス
マイルドヤンキー  リベンジポルノ JKビジネス   絶景
レジェンド ゆづ 妖怪ウォッチ 塩対応
マウンティング(女子) こじらせ女子 女装子 号泣会見
セクハラやじ 集団的自衛権 限定容認 積極的平和主義
勝てない相手はもういない カープ女子 ワンオペ ハーフハーフ
消滅可能性都市 壁ドン ミドリムシ 壊憲記念日
イスラム国 雨傘革命 昼顔 塩レモン ビットコイン エボラ出血熱

おおお、意外に「消えて」ますね。誰が言ったのかよく知らない「勝てない相手はもういない」とか、バックビルディング/トリクルダウンなど、使ったこともない言葉まである。逆に当方もブログで使った「タモロス」や、ポスト・ポケモンにしっかりおさまった妖怪ウォッチなどは、当然大賞に近い候補でもある。
私としては、「号泣会見」と「STAP細胞」、それに「ゴーストライター」と「セクハラやじ」を大賞に選んでいただき、それぞれを再度登壇させて恥の上塗りにしていただきたいと思うのだが、それはちょっとやりすぎだろうかwww

おおっとぉ、これは意外な展開かぁ?

と、リングサイドのアナウンサーよろしく、書き始めてみたのだが、この展開は、さすがに予想していなかったものである。
http://news.livedoor.com/article/detail/9495382/

名誉毀損、ということで提訴するらしいのだが…。大なり小なり、故人が吐いていた彼女に対する感情の吐露は、誇張して書かれているものではないと感じる。むしろ、もっと激しい憎悪や怒りの対象になっていてもおかしくない。だいたい、生みの親を金づる同然に見ていたのだから、当然といえば当然である。

ということは、である。提訴することによって、白黒はっきりしてしまうことになってもいい、と判断しての(=裁判での勝算がある、という判断の元の)行動とも見て取れる。被告人席に百田氏を座らせることができるだけでも少しは溜飲が下がると思っての行動なのだろう。

下世話ながら今回の裁判、私が判断してみたい。
ズバリ、「却下」になりそうである。理由としては、・毀損された名誉の対象者が実名で明かされておらず、特定できないこと(たかじんの娘であることはわかっているだけだが、実名を上げてはいない) ・虚偽で書かれた内容と断定できない(未亡人の証言がもとになっており、著者は書き写しただけ。脚色も必要以上にしていない) ・第三者の証言も多数得られる(もちろん、原告に不利な情報ばかりになるはずであり、どの面下げて裁判にしようとしているのか、と諭される可能性すらある) を上げたい。

本当のことを書かれて逆上して裁判にする。第三者機関である裁判所に判断してもらう方が、すっきりするし、これがネタにされて、また百田氏に面白おかしく書かれてしまっても、当方は一切の責任を負わない(ああ、うまいこと引っかかりやがったwww、とほくそ笑まれているかもしれない)。まあ、好きにすれば、で生暖かく見守りたいところである。
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ