多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2015年08月

2015.8.29 誕生日に回ってみる 新生・ダイエー 神戸三宮店 1F


にほんブログ村
初日に立ち寄ってみたものの、やっぱりすごい人波に辟易して、1時間足らずで退散。
どこも「見て来れました!」と、胸を張れるレポートにならなかったこともあって、前回は一応テキストだけで取り急ぎ状況をアップしたにとどめていた。

休日がよもやの当方の誕生日とは、神様も余計なことをしてくださる(実際は、当方の申し出によるものではなく、テキトーに休日を当てはめてたら、こうなったというのが実際。8/中旬の店舗周りが頻繁にできたりしているのも、有給消化という側面が多かったりする)。
というわけで、1階からのフードスタイルストアを中心にもう一度見て回ることにする。
ただし、店内写真は膨大に及んでいるため、フロア別で記事を分けたのでお断りしておく。
(基本、8/29撮影分で構成するが、獲り忘れ等に対応した、8/27撮影分は、紹介文を色分けしてある。また、携帯カメラとデジカメの画像が混在している。)

・1階 フードスタイルストア
ボタニカルショップ(自然派を謳う商品が並ぶ)/ジュースバー/ワインを中心としたリカーショップ/花卉類/焼き立てベーカリー店が軒を連ねる一角。
注目はなんといっても、メイン通路に出っ張って主張する、チーズなど、ワイン食の提案コーナーである。
06220829_001

逆側から
06220829_002

もちろん、お酒類のラインアップは半端ないもの。「酒に関連した」ドライフルーツや缶詰と言った品ぞろえも、価格帯と言い、特別誂えに近いものが見受けられる。
ドライフルーツの量り売り
06220829_003

なんと、オリーブオイルも安価なものからまともな製品まで、棚2本分を占拠。
06220829_004

チーズ売り場すぐ横には、テイスティングスタンド。ダイエーにはない試みと言える。
06220829_005

レジ横には、ワインのうんちく本もズラリ。これまであった、雑誌関連の販売は、B1階のレジ横でもやっているようだが、取り扱いがなくなったと思われているのか、売れているようには見受けられなかった。
06220829_006

エノテカという、ワイン専門店からも出店。まあ、こじゃれた棚に入っていることもあり、値段も相応。
06220829_007


ボタニカルショップも(2枚)。
06220829_008

06220829_009


お酒関連のおまけ。タイガースコーナーもあるところは抜け目ない。
06220829_010


ベーカリーショップの全景。
06220829_011

ちなみに、ジュースバーはあまりに人が寄っておらず、写真に収められなかったので割愛。

サービスカウンターは1階奥に移動したのだが、免税受付もここ。最後の一押しと言える、日本土産で攻勢をかける(2枚)
06220829_012

06220829_013


・感想
ドラスティックに変わりすぎだろ!!と言いたくなるのは当然として、本当にうまく在庫が回転していくのか、と考えた時に、ここまでおおっびろげに1階を変えてしまったのはどうかと思ったりもする。
テイスティングバーは、あくまで『味見』なのだが、そこそこの場所も取っているだけに、早晩、ちょい飲み需要が勃興してこないとも限らない。いや、むしろ、それをやったら、受けるのでは、と思ったりもする。まさに「二十歳以上限定」に1階を変えたことで、日銭を無視するやり方をとって、大丈夫なのか、とは思う。
<2015.9.11 付記>
…と、上でも書いているのだが、リーズナブルな価格設定(一杯200円(税込)から)もあって、夕刻には、コーナーがいっぱいになるほど、ワインの試飲コーナーは受け入れられつつあるようである。11月にはボジョレー解禁があるが、どういう施策を打ってくるのか、非常に楽しみである。

収穫の秋。だからこそ。

ブログネタ
「食欲の秋」のはじめに食べたい物は? に参加中!
「天高く馬肥ゆる秋」とは、よく言ったものである。
ようするに、春に仕込んだ作物やらが、一斉に収穫時期を迎え、一番旨みを感じられるから、ついつい食べ過ぎて、馬も太ってしまう、ということか。

なので、私が秋に食べたいのは、採れたての"新米"である。
いくら、おかずに腐心しても、肝心のお米がもうひとつだったら、がっかり度は半端ない。
欲を言えば、精米したてなのだが玄米から買う訳にもいかない。だとしても、銘柄に拘らず、その出来立て感を、一度は味わいたい。

2015.8.27 そりゃ、旗艦店だもの… ダイエー神戸三宮店 リニューアル初日


にほんブログ村
まず、結論から書かせていただく。
10日間もの間、クローズしていたこともあり、渇望感からか、かなりの入込があった模様である。ただ、当方が危惧していた事項も、徐々にではあるが、露呈し始めている。

仕事を終え、通り道の三宮に。入店時刻は5時15分ごろ。
フードスタイルストアとなった1階より下層階はもとより、上階も若干様変わりしている。
ということで上から順番に見ていく。5階は、私の中では一番びっくりしたフロアである。これまで、かなりの場所をとっていた収納用品系が一気に姿を消し、その代わりに、文具の取り扱いを大幅に増やした。その他の日用品系も、新しいブランドなどが入っており、大きく様変わり。エスカレーター前の催事的な一角を利用して、売り出し商品を展開するなど、以前とは違った運用ができている。
4階は紳士服系。ここは、いきなり、エスカレーター前が休憩スペースに。売り場の中にこういう椅子を配置するのも勇気がいることなのだが、アイテム減少をこうしたユーティリティースペースに転用するのは理にかなっている。
3階は婦人服だが、さすがに男性がうろうろするのも気が引けるので立ち入らず。
2階は、日用消耗品の一角と化粧品が並ぶ。1階に存在していた時とほぼ同様の配列に腐心した、化粧品群は、恐らく、「ここにあったのに」を極力排したラインアップにしたためだろう。

そしていよいよ、イオンフードスタイルストアの本領を見届けていきたい。
まずは1階。実は、あまりにドラスティックに変換されていて、まともに見切れていない、というのが実際。夕刻の人の多さに圧倒された部分もあるが、ボタニカルショップとか、新規出店のパン店など、まったくもってみれていない。
とは言うものの、一階が、お酒売り場と化したかのような、大胆なレイアウトには脱帽。要所要所に販売員も配置されている、ダイエーとしては、思い切った「人件費」のかけ方をしている。一品種に対する品ぞろえがとにかくすごい。某赤羽店(0754)で指摘した、離れた売り場では効力を発揮しない、特殊なチーズは、なんと、通路側に堂々と配置。ワイン関連食と位置付けできることや、食通の多い神戸でなら、この展開ぶりは大いに期待が持てる。まあこの時点で"やればできるじゃん"となっている。

ここから一気にB2へ。生鮮と一般食料品が軒を連ねるフロアだが、とにかく、探せば「えええっ」となる商材があふれている。例えば、飾り野菜のコーナー。こんなにも、商品として並べているスーパーは、私は知らない。もっとも、「売れる/売ろう」という意味合いは少なく、にぎやかしかもしれないが、取り扱う意欲は買える。
次はお肉。実演販売が、ここでは大いに大活躍。やっぱり肉の焼ける匂いは、引付効果抜群である。レベル高めの「さつま姫牛」がメインストリートに並んでいたのだが、意外に棚は空き気味。やはり、味を占めて買って帰っているのではと思った。
次は鮮魚。いきなりの生簀に目を奪われる。もっとも、目の高さに配置してあるところは、今後、何らかの事故が起こった時にどう出るのか、気にはなるところ。こちらでは、中央での実演さばきが見どころとはいえ、全般的に売れている感じには見えなかった。やはり、総じて高めの値段にしてあるところが影響しているとみる。赤羽でも当方が指摘した。800円近辺の鮮魚を使った弁当も、そんなにバカバカと買って帰っている様子はなく、やっぱり、という感想。

その他は日配と一般食料品。これまで扱いの薄かった、とよすがエンド一本を丸々独占。ただ、以前のような品種を扱っているようには見えず、奇をてらう感じには感じられなかった。日配では、かまぼこ系でおなじみ、かねてつが冷ケースを2本ほど占拠。実演販売もやっていた。

続いてB1。ここは、洋菓子系やパンなどと惣菜が合流するフロアなのだが、当初の危惧である、B1に上がった惣菜系の配置は、今日見た限りでは、悪くない選択。まず、もともと日用消耗品が置いてあったコーナーは、ビール系が左手に、右手にソフトドリンクが並ぶ感じの配置に。常温/冷蔵と同じ品種でも分かれて展開できているのは、恐らく面積が増えたからだろう。ただ、パンにせよ、ヨーグルト/スイーツにせよ、試食販売に人が群がりすぎて、回遊性に乏しい。おかげで冷凍食品にはまともにアプローチできず、流れで総菜売り場の一部もスルーしてしまう羽目に。
惣菜系は、相も変わらずの単品大量販売で、やり過ぎの感は否めない。ただ、激安価格商品も散見され、おっと思わせる効果は絶大。そして当方の危惧がばっちり当たったのは、かなり高めのインストアベーカリー使用のサンドイッチの在庫の山。売り切れている商品もなかった模様で、結果的に、あのコーナーだけは、大外れになっている予感がする。その流れで、ポップコーンやら、ドーナツも、激しく売れているようには感じられなかった。
レジの配置は、以前よりはグンとパワーアップ。B2/7台 B1/11台 とほぼマックスの配置で、フル回転状態。名札には、DSC(ダイエー系の派遣)のネームの担当もかなり見受けられたが、まあ、私の桂南(0661)の応援担当時の売り上げを越えられたレジがどれだけあったのか、見ものである。

B1に設置されたイートインスペースでしばし休憩。引きも切らない来客の嵐を横目に見ながら、「とりあえず初日は成功だな」と思った。軽く見積もって、5千万くらいは売れたとみられるだけに、食品スーパーの面目躍如といったところだろう。
ただ、勝負はこれからである。特に1階の、上質感あふれる売り場が実は一番お金を生み出さない売り場であることがガンである。そこに引きずられる感じで下層階に影響が及ぶ可能性もある。
8/29(土)は、完全フリーになっていることもあるので、開店直後くらいから、じっくりと見て回ってみたいと思っている。
<写真については、8/29の訪問記に一部を掲載しています。そちらをご覧ください。>
・参考記事
8/29の訪問記   1階   地下一階  地下二階
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ