多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2015年12月

即席麺試食記(213) 悪くないぞ トップバリュ ヌードルカレー


にほんブログ村

一勝一敗で迎えた3品種目の実食。
この製品の成否で、リニューアルの成果がわかるわけなのだが、結論から言うと、「成功したんではないかな」ということになるであろう。

ふたを開けると、意外なほどあふれているジャガイモの量。前作では、もう少し少なかったと思っていたのだが、これだけで結構「がんばっているな」と想像がつく。もっとも、ニンジンやねぎは控えめで、うまく帳尻を合わせているように感じた。
お湯を入れていざ実食。

麺はすこし幅広にしてあると思われたヌードル麺だが、これは写真のせいもある。スープごとに麺の組成を変えているとは思えず、スープを纏ったのでそう感じたのだろう。
そのカレースープ。うん。実にマイルド。手数が少なく、辛みもほとんどなし。カレー風味がしている、というだけにとどまり、まあ価格の面で、これ以上のものを作ることが難しいのだとわかった。
それでも、具材、特にジャガイモの存在感で何とか実食できるレベルにできている。悪くない出来に安堵しながら実食を終えた。


 購入店舗  ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.0/10   具材   6.5/10   総計  20.0/30
 価格補正  +1.0     総合得点   21.0/30    格付け   B+(意外な実食)
 

即席麺試食記(212) あれ? トップバリュ ヌードルシーフード


にほんブログ村

メインで売れるはずのしょうゆヌードルが、よもやの外れ評価になってしまった、リニューアルしたトップバリュのヌードルシリーズ。

実は、一番力を入れている=売れ筋商品であるという思いがあったから、ちょっとした減点要素が大きく取りざたされた可能性も否定できない。
とはいえ、前作は日清謹製→今回は東日本明星 とメーカー的にはランクダウン。だからと思っていた部分があるのだが、残っている2商品は、意外な結果を見せた。

いやな流れを断ち切れるかどうかは、このシーフードにかかっている。と思って食べ始めるのだが、これがなかなかどうして、悪くは見せなかったのである。
麺は、ヌードル麺なのだが、やはり、明星が作っているという点もあるのか、比較的伸び耐性は日清製に比べてあるように感じる。
スープも、手数が少なく感じられるものの、必要十分で、うまいうまい、とまではいかないものの、実食に耐えられる雰囲気を出している。
具材もカニカマでごまかされた部分がありこそすれ、量も意外に入っている。及第点である。

引き続きカレーも食べたのだが、これもそれほど減点要素なく進んでいる。もう少し醤油も頑張ってくれていれば、よかったのに、と悔やまれる。


 購入店舗  ダイエー 神戸三宮店
 麺    6.5/10   スープ   7.0/10   具材   6.5/10   総計  20.0/30
 価格補正  +1.0     総合得点   21.0/30    格付け   B+(外れていなかったことが驚き)
 

即席麺試食記(211) スープが命 エースコック 博多地鶏だし水炊き風ラーメン


にほんブログ村

エースコックは、ここ最近、タイとかでも市場開拓をしているのだという。
確かに日本市場は、巨頭の日清G(明星も入っているので、かなりのシェアになる)を含めて、即席めんメーカーはひしめき合っている。海外にその販路を求めるというのは間違っていないといえるのだが、果たして、日本の即席めん黎明期のように、海外でヒット製品が作れるのかどうか…今後に注目である。

前作では、「蕎麦が…」という内容で、ちょっとがっかりしていたのだが、価格も安めで手に入った今回の「スーパーカップ 博多地鶏だし 水炊き風ラーメン」は期待の一品と思っていた。
麺は「〆」に入れられるようなカドメン。いわば、鶏エキスと野菜エキスのハーモニーが実現している水炊きをベースに味付けしているのなら、よほど失敗しない限り、外れの要素が見当たらないからだ。

というわけで実食。
博多風の水炊きは食べたことはないのだが、だしと麺のマッチングが今回もかなりはまっている。
やわらかいイメージの白濁したスープは、しかし、そこに内包するエキス分の多さで、複雑な食味を醸し出すことに成功。ほのかに香るゆずコショウの刺激も感じられ、近年食べた新味としても、特筆すべき出来に至っている。
麺はカドメンなのだが、若干太めに仕立てているのか、と思ったくらい、力感を感じられた。スープに力強さがあるので、やや太めの麺でもそれに負けることはなく、終始、飽きることなく食べきることができた。

鶏だしながら、やや白濁させたことで、ラーメンとしての顔づくりに成功したところが大きい。具材は頼りない程度だったが、その減点部分をスープで引き上げられている。大、とは言いにくいが、あたりの部類には入る。

 購入店舗  関西スーパー 大開店
 麺    7.5/10   スープ   8.0/10   具材   7.0/10   総計  22.5/30
 価格補正  +0.5     総合得点   23.0/30    格付け   A-(結構いける)
 
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ