多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2015年12月

過去記事は面白きかな<その16/了> 直撃インタビューを読み解く(その2)

ようやくの最終回を迎えた。

というわけで前回の続きである。

記事が出てきた99年3月…雑誌なので取材完了は99年1月前後とみられる…当時、会社としてのダイエーは、まだまだ往年の輝きを維持していた。
株価でたどろうと思ったが、さすがにWEB上でも存在していない。ヤフーの10年足で、何とか2006年の価格が2000円台あたりまで行っていたことが確認できたくらいである。とはいえ、これは、産業再生機構入りがなり、いわゆる99%減資という"措置"後の話。古新聞でも捕まえて市場を確認しないことには始まらないといえるだろう。

では、記事の後半の中内CEOの発言を紐解いてみる。

『しかし、現在の会社の状況では、「ここで社長を交代したらどうか」という意見は社内から出てきにくいでしょう。』

会社の世代交代を促されての回答でもある。この当時、CEOはまだ76歳。もっとも、会社として斜陽を迎えている時期でもあり、この2年後にすべての役職から退いている。それどころか、記事が出た2月時点で、会長職に退いている(99年1月20に異動発表。副社長だった鳥羽氏が社長に)。産業再生機構入りしたのが2004年と、まさに坂道を転がり落ちるような状況下にあっても、未来を信じて疑わなかったといえるインタビューであり、このときに社長を退くことは想定していなかったのではないか、と思われる。時系列で物事を見ると非常に面白い考察もできるということだ。

記事の最後を締めくくったのは

     『もう心配はご無用です。』

いやいや、94年の4社合併時点で将来を危惧していた、一部識者や当方もいるんですけどねwwリストラもS&Bも全て後手後手。進取の気性があった会社やCEOのセンスとは真逆の経営スタイル。お金が回らなくなることを一切想定していなかったことは、CEO一生の不覚でもあろう。だから「(手は打ったから)心配はご無用」…。

この一言が今となってはむなしく聞こえる。2016年2月に、本当にこの店舗を作ったことを誇りに思っていたであろう、碑文谷(0284)をはじめ、名だたる旗艦店がイオンリテールに譲渡されてしまう。
それでも「心配するな」と言いきれたかどうか…。中内シンパは、もはや社内にはほとんどいないと目されるが、彼亡き10年は、ダイエーがダイエーで無くなった10年といえなくもない。

雑誌の大見出しを覆っている「ダイエーの出直し」。出直しとは、一からの再スタートを意味すると思うのだが、巨額赤字からの再スタートは、結果的に、グループ企業の切り売りと、本体のイオンによる買収で結了した感がある。
この記事が出た99年当時、ダイエーが株式市場からも、そして屋号自体も消える想定というものはどこにも感じられない。それどころか、「再生するに違いない」という思い込みすら感じられる。その根底にあるのは、悲壮感のないCEOの物言いに起因するのではないか、とさえ思う。

偉人とまで持ち上げる気はないがカリスマ性は、CEO以外、ほかの流通業界のトップリーダーにはない。過去記事は、ある意味、未来を想定できないからこそ、解析が面白かったりもするのである。

即席麺試食記 番外編 「本」読了w 40代以降必読


にほんブログ村

別に、本の著者から何かもらっているんじゃね?、とか、ステマ要員乙wとか言われるのも若干違うとも思うのだが、とりあえず、届いた本は読ませてもらった。
→こちら。絶賛発売中(ア、宣伝しちゃってるwwww)。



当方が、ブログにて、即席麺試食記を始めるトリガーになったのが、この山本氏であり、今回初めて本の中に写っているご尊顔も拝見することができた。
すでに氏は、海外袋めん事情的な書籍も出しており(当方2冊とも保有w)、今回の装丁なども少し気になるところでもあった。

実際に読んでみると、80年代前後に出てきた"イロモノ"的な商品にまで言及があるほどディープな取材量。もちろん、最近作についてはどちらかというと本のコンセプトから外れるのでやってはいないのだが、当方も多感な時に食べたり、CMで見知っていた商品が次から次に羅列されていくのである。「あ~~、これこれ!!!」「なんじゃ、このパッケージwww」など、いちいち突っ込みを入れながらの楽しい本読みとなった。

著者が即席麺に心を奪われることになった幼少期の逸話などもかかれており、ただ単にノスタルジーに浸る商品の写真集、という側面ばかりではないところも面白い。

インスタントラーメン…いわゆるお湯を入れるだけ、というコンセプトで食べられる商品が出て、すでに半世紀以上が経過した。麺質も多種に及び、味も今や分類するのも一苦労なほどに増えてきている。たかがラーメン、されどラーメン。ほぼ人生を即席麺にささげた著者の思いやただ歴史を振り返るだけではない編集ぶりも見どころである。本が出せるとなって国内メーカーのお歴々と対談できているのもいい経験になったのではないかと思う。

ちなみに、この辰巳出版から出ているもう一つの「懐かし」シリーズ。こちらも今や絶滅危惧種とされる「自販機」巡りをされているブロガー氏の手になるもの。これも併せて読むとちょっと面白い共通点が見いだせるのでおすすめw





即席麺試食記(210) 苦手を克服できず エースコック CoCo壱番屋監修 香ばし小海老天カレーそば


にほんブログ村

CoCoいち監修シリーズは、当方も意外と出合えば買っている印象がある。当たり前だが、エースコックが一種の独占契約を果たしている関係上、すべてのカップ麺が、スーパーカップか、それと同等の麺の量を実現している。

今回も店頭で新製品が並べられることの多い、通路エンドに結構うずたかく陳列。さっそく手に取ってみるのだが、価格が199円(税込み)で、少々愕然。同一店舗で購入した、同メーカーの新商品系(間もなくレビューします)が120円台だったのと比較して、かなり強めの価格展開。ムムム!!これでハズレだったらやばいぞ…

私自身、エースコックのカップ麺のそばというと、まる旨くらいしか思い浮かばない。それもそのはず、そもそも定番で和そば系の商品がないのだから仕方ない(同様のことがサッポロ一番のサンヨーにも言えるが、ここは最初っから捨てている)。ふたを開けて最初にご対面した縮れている麺は、すでに日清/明星でストレート系を見知ってしまっているものにとっては、前時代的に映ってしまうのは仕方のないところでもある。

スープとかやくを投入して、3分。いざ実食。

麺は、やはりというか、頼りなさが前面に出てきてしまい、かなりの残念感を醸し出している。ぎりっぎり踏みとどまった、といってもいい麺質で、ほとんどチャレンジしたことのない大盛り系のそばとしては、いい評価に触れることはない。
スープの方も、これが意外と平板なのだ。もちろん「飛び辛」を入れて辛さを調節するのだが、これを恐る恐る半量入れてみても、そんなに味が変わらない。終盤に残りを全部投入しても、常識的な辛さにしかならず、店内で食べた時には、それこそ、おっかなびっくりとしか振りかけられない飛び辛とは全くの別物ではないか、とさえ思ったくらいである。
唯一「これはっっ」という点は、大書きもされている香ばし小海老天の存在感。単調で、「ウワぁ、下手こいたァOrz」という麺を食べつつ、この小海老天をかじると、「行けるヤン♪」とリセットされたかのような感触に陥る。具材で大きく引っ張られたというのも珍しいパターンである。緑を主張するねぎの量はもう少し欲しかったところ。

和そばにしたことで、よもやの「ハズレ」になってしまった感の大きいこの製品。具材の存在感に救われなかったら、新基準でかなりの低評価になるところである。スーパーカップ系が得意でも、適材適所というものがある。何とかの一つ覚えよろしく、その大きさばかりにとらわれるのはいかがなものか。


  購入店   関西スーパー 大開店
  麺    7.0/10   スープ   7.0/10   具材   7.5/10   総計  21.5/30
  価格補正  −0.5     総合得点   21.0/30    格付け   B(プチハズレですね)
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ