多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2016年03月

センスプ砲に粉みじんにされた"詐話師"の末路

元ハーフ的な風貌も実は単なる「彫の深い」日本人、学歴はことごとく嘘八百、それに騙された大手証券会社の後ろ盾もあり、ここまでの地位を獲得するに至った、この人…川上 伸一郎(通名ありww本人はビジネスネームと言っているそうだが…)の経歴のねつ造ぶりは、本当にすごい。
目くそ鼻くそだが、この人にまでぼろくそに言われるようでは、世も末である。て、タイトルにつられただけでした。申し訳ないwww

つまり、我々は本当に「一杯食わされた」のである。そして、良くも悪くも、このテレビ局にとってみれば「致命傷で済んだニダ」と思っているに違いない。→もし番組が始まっていたら、と思うと、良くぞこのタイミングで、と週刊誌に足を向けて寝られない局員もいることだろう。

FMの番組降番の際には涙ながらに謝罪したとのことだが、これを聞いたリスナーは擁護の声を上げているとか言う気持ち悪い記事が挙げられている。
確かに人柄はいいかもしれないが、嘘に塗れる人生をこれまで歩んできて、それがたまたまばれるのが遅かっただけの話である。実績がめちゃくちゃあるとか言うのなら百歩譲りたいところだが、彼クラスで、弁の立つ社長クラスはいくらでもいる。変な肩書と、ハーフっぽい風貌/そして見事なまでに自称していた"芸名"の存在・・・これで一介のコメンテーターはおろか、冠番組までもたせようとしていたのだから、某局の危機管理能力も落ちに落ちたものである。もっと言えば、冠を持たせるタレントを何の調査もせずに使い続けていたFM局は、さらに無能ということもいえる。

私は、この人、胡散臭いというよりも、通り一遍のコメントしかしない(深堀できない)から、使い勝手がいいのかな、なんて思っていたりするのだが、案外ファーストインスピレーションって当たっていたりするんだな、と感心したりしている。

ウム。やっぱり、今年の芸能界は、生き急ぎ過ぎている。何かがはじける、又暗部が暴露される…毎日が刺激的過ぎて、ちょっと怖い。

偉大な記録には全く及ばず…

確かに「ダイエーに何かあると当方のブログが騒がしいことになる」のは、まさにダイエーヲタが発信するブログだからなのだろうけれども、前回大量PVを生み出すに至った、当時の金山店開店関連の記事は、PVのみならず、訪問者を伴って急伸したという背景がある。
だから、6月初旬からじわじわと伸び始め、オープン直前の6月末にはPV400台を何日も継続。訪問者数が3桁に至るという、今の当方の立ち位置からは考えられないレベルで見られているのである。

今回の「一部店舗のイオン化」は、当方としてはあまり記事としてしたためた記憶はないのだが、それでも、あちこちに落ちていた記事をネタに書くことはやめていなかったこともある。そして3桁PVは確かに維持はしてきてはいたものの、訪問者数は依然として50人前後。平均すると40人程度だと思うが、みんながみんな、既存記事を読むとは限らない。

結果的に、今回の3桁PV連続は、2/17~3/15の28日で終了した。「さぞや大記録か」と思っていたが、その金山フィーバーの時は、6/5~7/17までの、なんと43日間も3桁が持続していたのである。

確かに今の当方の立ち位置ではこの28日連続3桁も立派な記録だとは思うが、まだまだ発展途上/情報量不足なのかな、を実感させられる。

連続記録は、作ろうと思って作れるものではない。まあ今日からまたしこしこと作っていくしかないのだ。

即席麺試食記(237) たとえるなら「味の薄いスープスパ」 日清 フレンチヌードル


にほんブログ村

日清の新製品開発意欲は、正直言って買える。すでに手元にある「麺ニッポン 尾道ラーメン」は、本当に食べたいと思っている一品だし、カップヌードル系でも、コンビニ専売商品が意外と多く並んでいるのも特徴的である。

秋−冬版の新商品として出たのが、今回食べた「フレンチヌードル」である。
→詳細のわかるページがこちらhttp://blogs.yahoo.co.jp/taui_3_var2/19739058.html
そう!癖が悪いというか、自社メーカーコードを使っている製品であるにもかかわらず、ニュースリリースに出さないという不親切なことをしてくれるものである。しかも、ボジョレー絡みの製品と来ている。確かにあれ以来、商品を見たことがなかったな、とは思っていたが、イオンとの協業製品で期間限定となれば、目にする機会が極端に低くて当たり前である。

そういえば…
イオンとの共同開発(表面上はわからない)/自社メーカーコードの製品は、思い出せばこんなものがあった。
当方製作の記事。おお、前回も同様の情報を先述したブログ氏より頂戴している。

では実食。
ふたを開けて「…」になった。そう。具材のしょぼさである。どう見ても、ふた表面のイメージ写真とはほど遠い量。彩りも、緑も黄色もなく、かなり「赤い」のだ。
実際お湯を投入して食べ始めるのだが、単調にして、単調。あまりの単調さに無言になってしまうほどである。それはスープしかり、麺しかり。麺はいわゆるラーメン系の細めの丸断面。量が多いことを勘案して早めに食べるべきだったかと後悔するほど、後半は伸びてくる感覚にとらわれる。スープは、これまたエキス分が感じられず、うまみを感じ取るのに時間を要する平板ぶり。まあそれでもギリギリ完食できるレベルなのは恐るべきである。具材はもはやいうことなし。麺の量に対する比率的に見てもかなりアンバランスである。

「行ったつもりでフランス気分」なんて言うキャプションが躍るふた。海老のビスク・・・要するに海老系の出汁で作りました、と言いたいのだろうが、そんな贅沢なことを期間限定/一発ロットものでできようはずがない。そもそも、発注元のイオンの開発担当がどこまでその「ビスク」とやらを知っているのか、と問いたくなるレベルである。
もし麺の量が少なく、スープが今作と同量程度入っていたとしたら、お湯の量が少なくなる分、かなり濃いめに感じたはずであり、「薄いスープパスタを食べているような」感覚にとらわれることはなかったと思う。スープの分量を間違えた、とフォローしないと、この味のできの悪さを説明できないところはがっかりでもある。
ちなみに、先だってリンクを張ったブログ主もかなり評価は低めでした。

 購入店舗  ダイエー 神戸三宮店
 麺   7.0/10    スープ   7.0/10   具材  6.5/10   総合計 20.5/30
 価格補正  −0.5     合計   20.0/30     格付け   B-(味気なさすぎ)
livedoor 天気
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ