多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2017年01月

2017.1.31 住吉店惜別店舗訪問 10店舗目 神戸三宮店

今日は、GC住吉店(0634)の最終営業日。
地元と言っても過言ではない店舗の最終営業日に立ち会えるのは、願ってもないこと。

以前は、旧和歌山店(0342)の最終日に訪問したものの、閉店から3時間程度前のことで、それほど喧騒というものは感じられなかった。
その「閉店前の訪問記録」も塗り替えることができる願ってもないチャンス。と思いつつ、まずはもう間もなくオープンする三宮オーパ2の出来具合を確認しに神戸三宮店(0622)へ。

すると、メインの出入り口には足場がかかり、それを囲む保護版に恭しく、開店予定日などが掲げられている。
神戸三宮17013101


そして、はっと上を見上げると…
塔屋にも足場とシートがかかり、大規模な意匠替えを示唆している。
神戸三宮17013102

以前、「イオンフードスタイルストア」としてオープンするときに、この塔屋も変更する案が浮上していたという。
改装から2年経たずに、よもやの上部階の借り上げが実施されるとは、当時の計画にもなかったはずであり、そう考えると、拙速に塔屋を変えなくてよかった、という話にもなる。

ダイエーとして生き残るのは、3フロアだけ。たしかに上が埋まって、人の流れが変わるか、といわれると、いったん離れた顧客がいそいそ戻ってくるとは言い難い(ヤング/ミセスファッションがメインターゲットであり、男性・シニア層はほぼ切り捨てた格好)。早晩、テナントの見直しを迫られるのは目に見えている。
まあ、お手並み拝見、と言ったところである。

購入品は、住吉での大量購入を考えて、缶コーヒーと、ジャムパン一個。

 訪問店舗データ
 店舗名   神戸三宮店             店コード   0622
 購入品   缶コーヒーとジャムパン       購入金額    157円

1/末と2/1は大忙しwww

依然として「中の人」であり続ける限り、そしていま惣菜担当になっている限りは、一年で最大のイベントと言ってもいい「冬の節分」の巻きずし大会は避けて通れない。
(ここ最近は、全ての季節の節分で、巻きずしの丸かぶりをやってはいる。もちろん、冬場の比ではない)

その準備段階が今真っ盛りなのであるが、今年は、そういった中に二つほど私事のイベントがからんできて、珍しいほどの忙しさを提示しそうなのだ。
ひとつは、1/31。この日が営業最終日である、GC住吉店(0634)の、最終イベントを録画することにしたからである。
これは久しぶりに当方のYoutubeアカウントにでも載せようかと思っていたりするので、準備に余念がない。

もうひとつは、2/1。またしてもあの映画関連で「当方史上初」が記録される(ことが確定。すでにチケットは1/29に入手済み)。
それは、「同一映画タイトルのバージョン違いを、立て続けに鑑賞する」「一日2回映画鑑賞」という一大記録である。
すでに、この映画関連では、「複数回鑑賞」「ひと月に2回以上鑑賞」「IMAX版鑑賞」「4か月連続鑑賞/映画館に4か月連続訪問」という記録だらけである。
次に到達されるべき記録は「一映画を二桁回鑑賞」となるところだが、これもそこまで手が届いているので、早晩達成されることになるのでは、と思っている(ちなみに英語字幕版鑑賞後で8縄目)。

去年の今頃は、そう。仙台店(0285)の移管前の雄姿をとどめる旅行準備をしていた時期。今年は、本当にそれどころではなくなってしまった。

即席麺試食記(294) ハズレではないが 日清焼そばUFO 梅こぶ茶味焼そば


にほんブログ村

「じゃぱん♥ぬーどるず」計画を日清が推進しているのだそうだ。
日清HPより。
トリオ、と銘打っているように、梅こぶ茶味焼きそばに、抹茶シーフードヌードルの3品がラインアップ。
ここ最近の「変味」カップ麺とはまた一線を画し、正統派とはいえ少しだけ味付けの違う製品を出してきたという感じだ。

すき焼き風うどんの味付けにも納得して、「ハズレにくい焼そばも当たりなんじゃないの?」と思いつつ、即座に購入。
嬉々としてふたを開けると、いつものUFOのような太めでしっかりとした麺質とは違う、やや細めの弱弱しい感じの麺が。まあ、これも味付けの問題で細くしたのかぁ、と納得しつつ、湯戻し後、お湯を捨てて、ソース投入。
うん。悪くない昆布の香りと、お茶っぽい感じのフレーバーで回りは満たされる。だが、それは本当に混ぜている間だけのことで終わってしまう。
ふりかけが投入されることろには、やや油にまみれた麺と梅の感じのするフレークと、これまた水分を吸収して、ごわごわ感を生み出してしまった刻みのりの存在。もう少しお茶的な緑っぽい感じでも残っているるのならよかったのだが、それはなかったのがやや悔やまれる。

焼きそばだから、当然湯切り後の麺の処遇に困る。ほぐすことを念頭に置いた油分の添加は避けて通れず、これが味の邪魔をする(脂分が勝ってしまう)ことは往々にしてある。今回の梅こぶ茶味も、その例にもれず、梅っぽい酸味も感じるには至らず、ぐいぐい引き込まれるほどではなかった。
もう少し毒々しいまでの梅の酸味を感じたかったのだが…本来の梅こぶ茶が念頭にあったのは間違いないが、焼きそばに落とし込むなら、こんなにお上品ではアピールしない。

 購入店  ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.5/10   ソース   7.5/10    具材  7.0/10    総合計 22.0/30
 価格補正  なし      合計   22.0/30     格付け   B+(リピートするほどでも)

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ