多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2019年08月

2019.8.10-12 お盆のトリウッド2DAYS めちゃ泣けた! キミコエ2回目

トリウッドで見る「きみの声をとどけたい」。
今更なのだが、この劇場が、ここまでこの作品に肩入れした経緯を知りたいところである。
何しろ、公開2番手で上映するも、実際数カ月に及ぶロングラン。しかも、その上映途上で生原画を来場者に配るという太っ腹ぶり。それが2018年と、年をまたいででもやり続けていたというのだから驚く。

リバイバルに至った経緯はよく知らない。だが、この作品はトリウッドにしてみれば破格の待遇でかけられ続けているといってもいい。
「若おかみ」「ここさけ」「さよ朝」。この4タイトルなら、ぶっちゃけ一番売れていない作品であることは明らかである。(順に、3.1億/11.2億/3.5億。億はあっただろうが、数値が全く不明)
だが、それこそ憑りつかれたようにかけ続ける。そしてそれに呼応するファンたち。私の中ではベスト5に入る傑作のままなのだが、いつまでそれが続くだろうか……

トリウッドで見る、これが最後、ということになるやもしれないとなると、全体的にウルウルが止まらなくなる。さすがに序盤の紫音との初エンカシーンは少し笑ってみさせてもらったが、それから先の、各個人の想いがわかってくると、おいそれと笑って済ませなくなっていく。

朱音さんの声が聞こえてくるラジオの録音テープ。ここですら、平和で何の問題もなかった日ノ坂の喫茶店「アクアマリン」の日常が垣間見られて少し感極まる。
そしていよいよ夏休みの最終週。アクアマリンの取り壊しからの一連の流れは、やはり涙を禁じえない。何度も言っているのだが、登場人物の渾身の芝居で泣かされるとは夢にも思っていなかった。だが、その泣きの演技が、片平美那という新人声優の、そして所属するNow On Airを推したくなってしまう原動力になったことは、たった一つの演技なのに凄いことだと思う。

朱音さんが転院のため、ハイエースにのせられるシーンから、すでに涙腺がやばい。実は、ここまでの状況に立ち至ったのは、はじめてである。
流れるジングル、なぎさの声。すべてが丸く収まりつつある6人。ただ一人、紫音の救済だけが済んでいない。それがあの名曲で施されようとしている。

もうセリフの段階から、ズルズルの当方。完全に自我が崩壊する5分間。嗚咽すら漏らしていたんではないかとさえ思う。それでも、境内に駆け込む紫音をこの目に焼き付ける。曲の持つ感情の高揚、感動を促す合唱。すべてにおいて美しすぎるクライマックスでもある。

これが正当に評価されない。そんなバカなことがあるものか?広告宣伝、劇場営業などなど、全てに中途半端であり、実際の内容とのかい離が激しすぎた結果といえなくもない。
そんな名作を埋もれさせないトリウッド。この劇場には感謝しかない。

2019.8.10-12 お盆のトリウッド2DAYS 「若おかみ」2回目は案外。

バリバリの昭和生まれであり、平成ジャンプしてしまった私だが、それでも後悔していないのは、自分の生き方に満足しているからに他ならない。
薄給に耐えられずあの会社と袂を分かってしまったが、それは、今までの自分が「それでいい」と思っていたから。だが、可処分所得の少なさにとうとう悲鳴を上げたのだった。

それから約3か月。有給分の半ばボーナスが7月/8月のオタ活を支えてくれている。
そして惜しむことなくそれを突っ込めている。以前の私なら、「新幹線で2週連続上京」など、仕事であってもなかった事態である。
だから、今回、「一日」で終わらせたくなかったということもあって、2日目の「若おかみ」「キミコエ」に突入するのだった。

「若おかみ界のキチ縄」こと、当方のフォロワー氏もC96参戦後にトリウッドに。抜け目がないともいえるが、あの人いきれの中で目当てのものを購い、返す刀で下北沢、というのが正直バイタリティーありすぎで恐れ入る。
私の知る限り「若おかみあるところフォロワー氏あり」であり、遠征した回数は数えきれない。ぶっちゃけ、そのお金でそこそこいいものが買えるレベル。だが、やはり追うべき対象が出た時のオタクの突っ込み度合いは、常人の思考を軽々越えてくる、ということだろうか……

私としては、久しぶりに、この2回目でそこまでの感情の発露が見いだせなかった。それは別に面白くなかったとか、すでに知っているから、ではなく、恐らく「天気の子」の余韻に精神が冒され、おっこに寄り添えなかったからではないか、と思ったりする。
それでもラストの舞いのシーン。あれだけ反目し合っていた織子と真月が、笑みを浮かべながら最後向かい合うワンカットで、二人の仲は絶ちがたい友情で結ばれたのかな、を想起させてくれる。それを芝居だけで見せるのだから、高坂監督、やはりおそるべしである。


2019.8.10-12 お盆のトリウッド2DAYS コラボカフェはすごかった

バルト9で見た「天気の子」は、そこそこに号泣もでき、昨日の「キミコエ」鑑賞時に登場したフェイスタオルがここでも登場。
それでもその感動を胸に置いておきながら、当方は、新宿から渋谷に向かう。
今回、渋谷のスクランブル交差点も舞台の一つとして描かれているのだが、それを横目に見ながら、むかったのは、hotel KOE。
場所はここ。

なぁーんでか?

KOE_01
KOE_02


そう。ここでコラボカフェをやっていたからである。
ホテル公式ページはこちら。

しかも、スタートは8/8から。8/27までの期間限定となれば、自身が東京に居るタイミングということもあり、行かなくてはなるまい。
もちろん、当方は、「チャーハン」を選択。まあ、あとで2Fから調理風景が見えたのだが、実際に炒めているわけではなく、ジャーから取り出した半製品にトッピング等を施しているだけ。これで1800円は「……」なのだが、雰囲気&特別感が割高感を帳消しにする。
KOE_05


さんざん悩んで、デザートもゲット。ここは凪先輩に登場いただいた。
KOE_06

ラブホパーティーのアイテムもここでは食べられる模様。QRコードのないほだひなスタンディも見逃さない。
KOE_07

KOE_08
月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ