多趣味・マツキヨの落書き帳

2013年(平成25年/皇紀2673年)1月、タイトル含めて大幅刷新いたしました。 現在、ダイエー店舗訪問記録/映画鑑賞記/即席麺試食記/ラーメン店訪問記がメイン記事となっております。画像/引用/リンク等は、ご随意に。

2020年05月

ありのままが報じられないゴミたち

2020.5.20は、びっくりするくらい、生番組での間違った報道が散見される異常事態となった。
トップバッターは、今や「歩くデマゴーグ」といえる玉川徹氏を擁する「羽鳥慎一のモーニングショー」。甲種回送を撮りに来た「撮り鉄」たちの乱痴気騒ぎを報じるべきところが、3月に実施された別の甲種回送の写真を使ったのだ。
J-CASTニュースより。
おそらく、それほどの騒ぎにはなっていないとみられ、別の駅(船橋法典)での実況映像はあるものの、自分たちで取材していないのまるわかりだったこともあって使わなかったんだろう。その後、謝罪をしているが、なにも知らない人が見たら「撮り鉄サイテーだな」に印象操作されてしまうところだった。
これだけでは収まらない。
坂上忍の反政府芸だけで持っている「バイキング」は、もっと悪質だ。「17日(直近の17日は日曜日)の竹下通り」の映像として、密でもあり、マスクもほとんどしていない、結構混雑した映像が流されたのだが、とあるPOPで撮影時期が全く違うことが判明したのだ。
ライブドアニュースより。
「ウワ―マジで人一杯」と流れで見た人は思ってしかるべきだが、映り込んでいるマクドナルドの新製品を知らせるPOPが「てりたま」だったことで、17日が正とするなら、3月の映像であると看破されたのだ。
尚問題の放送は5/19。一日遅れで指摘されてから、その画像を使おうとした意図とかも述べず、謝罪するだけで終わらせている。これで「マスコミでござい」は虫がよすぎるだろう。
止めは今日の「ひるおび」。グラフを正しく書かないことで誤認させる手法は、いろいろな番組で使っている手あか塗れの手法だが、それを臆面もなくやってしまうところに潔さを感じてしまう。
保守速報より。

順にテレ朝、フジ、TBS。揃いも揃って反日・反政府集団が繰り出す、印象操作の数々。「だましてやれ」「奴ら、文句言ってこないだろう」……悪意がある映像を見せられて、「いやー、ワイドショーってためになるわ」にはどうあってもならない。例えば円グラフにしたところで、誰かがチェックをすれば「やりなおせ」と一喝されてしかるべき。ちなみにこの数字だけ……47と33を使うと、全体で80。47は大体60%だから、半分を越えているグラフはそれほど間違っているわけではない。「その他」の20パーセントが抜け落ちている理由がわからない、不完全なものなのだ。

いや、必死なのはよくわかる。そうでもして、アベを追い落としたいのは痛いほどよくわかる。
だが、「報道は、事実を曲げずすること」の放送法に大幅に抵触しているこの3件について、総務大臣をはじめ、何らかのリアクションは求められるところだと思う。
政権をたたくだけになり下がったゴミたち。「本当」「ありのまま」を報じられないで大きな顔ができるのも今のうちだと心得ておいた方がいい。

いよいよ鑑賞!! と参りますか……でも不安要素一杯

不可抗力(行きたくてもやってないんだから仕方ない)で、一応の連続記録が途絶えている当方の鑑賞記録。
ここまでで、116週連続鑑賞/43カ月連続劇場訪問・サービスデー鑑賞(2016.10-2020.4)となっている。

とはいうものの、レイトがない中での「仕事終わり」で劇場に向かうことのハードルの高さが浮き彫りになる。終映時間を気にしてのことなのだろうが、せめて19時始まり位を作ってくれないと向かうこともままならない。
ちなみに、マイシネコンの一角でもあるOSシネマズ 神戸ハーバーランドは5/22からスタートするが、18時以降始まりの作品は8本。「密」になりそうな10番は稼働すらしていない。
それでもラインアップはそこそこに面白い。「君縄」「天気の子」「シンゴジ」という、これでもやらないとどうする、レベルの東宝ヒット映画三昧。秀逸なのは、「HiGH & LOW」3部作+WORSTに1スクリーンを当てていること。見そびれた「みぽりん」も一回だけとはいえやってくれるというのだから、恐れ入る。

かくしてじわじわとエンジンを温めていく状態の興行界だが、大作の公開日程がどうにも定まらない状態で、尚且つ「密」を避けるための間引き営業は継続。夏休みにある程度元に戻っていないと埋まらないし、売り上げも上がらない。
封切っていれば黙ってみてくれる作品であっても、密を恐れる&満席が止まらず見そびれる 事態に映画たちがなっていくのは間違いない。この状態が今年だけで収まるのか、どうか?

映画鑑賞記録を振り返る(7) 採点から見る当方の揺らぎ

以前、映画の当方の採点基準たるものを公表した。再掲する。
100点……文句なしの傑作。見なかったことを後悔するレベル
99−95点……激おすすめ。何度見てもいいくらいの秀作。
94−90点……まあおすすめ。減点ポイントがあるけれども見れなくはない。
89−85点……それほどでもなかったかな? 合わないわけではなかったけど微妙
84−80点……うーん。設定やらキャスティングやら、致命的なミスがある。
79点以下……ハズレ確定。見たことを後悔し「金返せ」レベル
採点回避……ドキュメンタリー的作品や初見で評が難しい作品

ほとんどすべての映画鑑賞の際、この採点というシステムをとることで名作度や今後のはまり度合いなどを策定しているのだが、「果たして、これってこの点数でよかったのかな?」と思い直して、ツイッターで述べたファーストインプレッション点から変動することもたびたびある。
2016.10.1の「君の名は。」からの採点の歴史。振り返ってみても面白いと感じたのである。
2016-2017
過去記事なんてほとんど読み返さないのだが、今回点数を見返してみて思った感想が……
 
  「全般的に、辛いな」

であった。この当時いわゆる「優良可」で言うところの「可」のポイントを低めに設定していたこともあって、70点台が林立する結果になっている。
2018年
本格的に映画鑑賞が趣味になっていく過渡期であるのだが、1/2/3月と、良作に恵まれず、70点〜80点台の作品が多く見られた。
そして、当方の採点史上初めての100点満点作品に「羊と鋼の森」が付く。そしてこれが一つのベンチマーク的な立ち位置に座ったことで、採点に大きな幅ができていくことになる。
2018.9.1の「ちいさな英雄」では、当方のダントツ最低点数(40点)をマーク。これを下回る作品はそうそう出てこないんじゃないか、と思ったりする。
2019年
ハズレを引きまくった1月/2月。だが、3月の「THE GUILTY」で、そのひりひりするサスペンス感にしてやられて洋画初の100点。トータル的なランキングでは4位と健闘しているのだが、これを上回る超絶泣かせる作品が出てきたんだからしょうがない。
「劇場版FF14 光のお父さん」がそれだ。当方3作目の100点も当然の出来栄えにこれが年間通して一位になるという奇跡を成し遂げた(上半期一気のごぼう抜きは当方も想定外)。
そして本年最多鑑賞映画は当然「天気の子」。この作品以降、「ハズレ」に類する作品はほぼ見なくて済んでいる(地雷承知の「スーパーコンボ」は当然の結末w)
2020年
6月再始動がかかる当方だが、ここまでのランキングは、こちらの通り
6月一か月でどこまで積めるのかは微妙なところなんだけど、見ていない旧作を中心に抑えていきたいところである。

月別アーカイブ
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ