大損失を抱えたまま越年したマイ銘柄たち。
 しかし、今年こそは、の意気込みも新たに邁進してまいります。
 というわけで、今年もヘタレ投資家の動向を温かく見守ってやってください。