○売却 
 9448 インボイス  1755円 指値全量 7株

 ○久しぶりの損切り
 株式市況は、アメリカの景気後退局面入りを現実のものとして受け止め始めた。急激な円高はその証左ともいえる。
 今日も結局は安値引け(日経平均)。それを見越したわけではないが、余りにパフォーマンスの悪い9448を損切りしたわけである。ま、それをいうなら他のマイ銘柄は?という突っ込みもあろうかと思うが、損失の度合いが違いすぎる。ここでの引きは一種の攻めと理解している。

 ○9712、また最安値水準に!
9712 トランスデジタルがまたしても上場来安値に瞬間顔合わせ。買いに行ったろうと思ったが、たまたまネットしておらず、買いそびれる。終値も10円と、またしても危機的水準。とはいえ、これ以上の下値は考えにくいだけに、ちょっとした祭りを期待。

 ○チェック銘柄に異変!
6423 ABLITが吹いた。主市場である大証では出来高トップの350万株弱。もちろんストップ高と、市場全体の重苦しさとは無関係に一人気を吐いた。決算発表がようやくなされ、次期決算では黒字予想というのが根拠らしいが、この次期予想が余りにできすぎている。特にパチンコ機売り上げ予想が45000台というのは、どう考えても多すぎる(今期決算で11800台くらいしか売れてない。4倍強も売れる機種が開発できるとは到底思えない)。まあ、化けの皮がはがれるのは時間の問題ともいえるが…。もっとも「株価」だけを見れば、十分買えていた水準だったわけで、手を出せなかったことは反省材料だ。