というわけで日本の市場も乱高下。9月いっぱいは、買い手不在の下げまくりになることは必定でしょう。
 だからといって「大不況来たる」という論調には私は疑問符を投げかけます。
 確かに一時的な減速はあるものの、年末相場は必ずきます。少なくとも13000円台は狙ってくると見ています。そしてそのレベル自体が日本の実体経済をあらわしていないことは、私のような相場ベタでも分かりそうな話です。
 ではアメリカさんがもっとへこんだらどうなるか?確かにここは重要なポイントでしょう。そもそも今回の金融危機は、アメリカが主要因になっているだけに、火元がまだ燃え盛っているのに、周りを消してもしょうがない。かといって巨額の税金を投入する荒療治が効力を発揮したとしても、金融システムに対する信頼感が持ち直すにはかなり時間がかかる。要するにすぐにアメリカ経済は立ち直らないと考えるべきでしょう。
 リーマンショックは、アメリカ経済の好不調を如実にあらわす「クリスマス商戦」に大きな影を落とすことは必至であり、今年の年末はウォール街はいっそう寒風吹きすさぶことになりそうな予感がします。