びっくりしましたね、10月10日の大暴落。
 瞬間的に日経平均が1000円近く下げる局面もあったわけで。まあ、よく下げ止まったな、というところ。
 さて、返す返すも、当方の「仕切り時」は遅きに失したとはいえ、あのタイミングしかなかった(最後のチャンスだった)ともいえる。2372 アイロムは当方の仕切値よりほぼ半値、4779 ソフトブレーンも1000円以上値を落としている。

 では、私はどうして行くのか?実は資金があれば、買って買って買い捲るところなのだが、その先立つものがない。まさか借金してまで株やる気はないし・・・。
 この鉄火場に参入できないところが非常に痛い。ただ、バブル期以降の最安値でもある7603円が目前に迫っているだけに、週明けは、非常に目が離せない。
 もしもう一段の下げがあって、買える所があれば、全力投入してみたい。