ラーメン店を出てからの小生。本当に何もすることがない。ただひたすら鹿児島空港に向けて運転あるのみ、である。

実際の経路は、白川沿いを南下し、長六橋を左折し、国道3号線に。しばらく道なりに進み、なぜかの「バイパス下車」というカーナビに従い266号線から県道14号線。

八代市内で気になるドラッグストア(コスモス薬品という会社によるもの/いやはや、ダイエーさんなど太刀打ちできない安さでビックリ!!)に立ち寄る。ここで、しこたま買い込みしてしまったために「自宅への配送」を決意。返す刀で、近くのヤマト運輸の営業所に駆け込む。
荷造りなどを速攻で終え、ヤマト営業所を20:30発。ここから3号線のバイパスをひたすら流す。268号線に入ったのは21:20頃。ここら辺から、信号による停車などはほとんどなく、経路記録もあいまいになる。何しろほとんど制限以上でのクルージングが可能であり、意識的に止まろうとしないとどこまでも行ってしまいそうになる。
それではまずい、ということで、大口市内のローソンで一服。しかし、もう残りは40キロ足らずというところまできてしまっており、結局空港付近に到着したのは22:50。

ちなみに、帰宅してから、今回の経路どおりに行動したとしたら、どのくらいの時間かかったか、を計算してみた。
地図ソフトでは、表定速度(鉄道用語だが、要するに距離÷かかった時間で計算される平均速度)の設定が出来、イコール、この区間を時速何キロで走破したのかが大体分かる。
その結果、ヤマトの営業所から鹿児島空港までの表定は、「50キロ」に近い数字であることが判明した。大口ローソン−空港までは45分でまさにぴったり。本来、信号による停車などが頻繁に起こると、平均時速は当然下がってしまうわけだし、片側交互通行などでロスした時間を考えても、下道平均時速50キロは、普通の市街地通行ではありえない速さである。熊本からの所要時間4時間20分(実質的な乗車時間は、3時間40分程度)は、「ちょっとやりすぎたかな」といえる速度だったともいえる。

そしてレンタカー屋のまん前で仮眠。しかし、余りに寒かったのでエンジンをかけて暖を取ってしまったために、やや燃費の上では低下。それでも、総走行キロ580キロ越えでかかったガソリンは31L程度。高速は軽くリミッター寸前までぶっ飛ばし、下道もかなり軽快に走ってこの数値。アイドリングストップ機能搭載が若干効いているのかも知れない。