にほんブログ村
前回の「四季物語 桜えび香る塩らーめん」では、具材で謳っている桜えびが少なかった、と評した。
メーカーにしてみれば、「え?!結構入れましたけど?」といいたくなるのだろうが、そもそも桜えび自体が、砕けていくということも考えると、もし仮に入れていたとしても、気付きにくいサイズになってしまったのがいけなかったのかもしれない。
しかし、今回、「ソース焼きそば」に手を伸ばし、別添えの袋に入っている、かやくを見た瞬間、「あ、これは少ないわ」と思ってしまった。
お湯を入れ3分。湯切りの際にふわっと、えびの香りが鼻についた。あんなに少なかったのに・・・。やはり伊達ではないといったところか。

さて、実食。
ソースは、いわゆるコテコテという感じではなく、甘みもあり、フルーティーにすら感じた。つまり辛さはあまりなく、穏やかな感じだ。それをまとう麺だが、パックにも「もちっとした食感の」とあったとおり、かなり弾力性があり、太くはないものの、食味はかなり満足感を得られる。
問題の具材なのだが、桜えびはソースにまみれると、せっかくの赤が台無しになってしまう。勿論、食べながら「入っているかな?」と捜索しながら食べて行くので、口に入れたときに入っているとなんとなく幸せな気持ちになる。又、キャベツは、思った以上にシャキシャキ感があり、びっくりした。

よくよく考えると、桜えびなんて、たこ焼きの具材のひとつであり、メインの具材になりえない素材である(生の桜えびはそうではないですが)。無理矢理感の漂う今回の桜えび編。残すうどんでウルトラCは出現するのだろうか?

【評価】 麺 3.2/5  ソース 3.0/5 具 2.6/5  総合評価 83点