にほんブログ村

インスタントラーメンの魅力に取り付かれ、5000本を越える試食/1000本以上の評価動画をアップし続けておられる山本氏(tontantin/なんでこのペンネームにしたのかは不明)。実際、当方も「ああ、そうそう、その通り!」なんて同意のコメントを送ったりなんかして、交流もしている。
又、一部当方が送ったラーメンも試食していただいており、そういう関係ながら、「なかなかできることではない」と思いつつ、当方は本当に彼の万分の一も実現できていないが、試食記をUPして行こうと思った次第である。

その山本氏の第2弾の書籍が発表された。
「即席麺サイクロペディア 2 世界の袋麺編」である。
→ご自身作成の紹介動画あります。第一弾 第二弾 第三弾 個人的には、短調にしたテーマ曲を使った第三弾がおススメ。

実は、彼自身、「仕入れ」を現地で行っているのである。香港に行ったときは、その模様を動画にして残しているほどである。それ以降、中国/タイなど、即席麺が急激に伸長している新興国を中心に回っておられるのだ。
本に出来るほどの莫大な収集量、そして、的確なコメントに味覚の正確さ。いずれを取っても「恐れ入りました」としか言いようがない。

海外製品は、いまだに、どことなく信用が置けず、手にしたり、購入しようと思ったことはない。そういった要らざる先入観をも排除して、果敢に試食に挑まれる山本氏。すべての面において、脱帽である。
即席麺サイクロペディア 2(世界の袋麺編) [単行本]

即席麺サイクロペディア〈1〉カップ麺 2000年編 [単行本]