にほんブログ村
おそば屋さんに入って、当方がほぼ間違いなく頼むのは「もりそば」か「ざるそば」である。
なんとなれば、温麺は、どうしてもハズレを引いてしまいかねないからである。麺そのものはいうに及ばず、出汁が失敗作だったりした日には、食べた直後の一日が台無しになったような、そんな絶望感にすら襲われてしまう。
冷やしである「もり」であったり「ざる」であれば、一気に食べられ、また、付けだれの優劣はほぼないといっていい。冷やすことで麺にコシがでるので、麺を味わうという部分でも楽しめる/店の力量を確かめられるという側面もある。

そんなだから、正直、温麺の、しかもほぼ頼まない「カレー南蛮そば」を店頭で見かけてチョイスした当方は、かなりのチャレンジャーなのだが、価格からも、例の「ストレートそば」であることは想起できたので購入にいたったしだいである。

期待が大きいと失敗だったときに愕然とするのだが、この製品は、食べながら「ウンウン」とうなづいてしまう、そんなできであった。
麺はストレートなのは勿論、太さもやや細く感じた。そして注目のだし。これがなかなかどうしていい感じである。カレー風味は抑え気味で、いわゆるおそば屋さんで食べるカレーそばに忠実に近づけようとする、和風だし先行のいいスープだった。具材も、鶏肉とネギだけというシンプルさ。ネギは削ぎ切りタイプで歯ごたえもあり、種類は少ないものの、満足感も得られた。

量もやや多いものの、価格は200円弱(購入店では188円)。ちょっと割高感は否めないが<88円ヌードルなら2個買えるw>、かといって大きく外れている、とも思えない。価格並みであり、もし本当に当該店舗に行ったとしたら、こういった感じのカレー南蛮が食べられるのか、と思いを馳せることができる製品にすることが出来るのが日清ならでは、といえる。

麺  3.2/5  スープ 3.6/5  具 3.0/5   総合評価 87点