ジーンズメーカーの「EDWIN」の事業再生ADRの申請のニュース。
ジーンズはそこそこの値段するもの、それでも長持ちするからみんなは理解して買っていたのだと思う。
ところが、ユニクロをはじめとするファストファッション系のジーンズも登場。お安いお値段が話題となり、顧客が離れていってしまった。

結局、ジーンズの価値にまでデフレが押し寄せてしまった結果、高価格帯のジーンズが売れなくなり、倒産の憂き目に会ってしまったと言うのが実情だろう。

ちなみに日本発のメーカーは次々にお亡くなりになっている。BOBSONしかり、BIGJOHNしかり。

実用衣料であり、いったん買うとなかなか次の消費に結びつかないジーンズ市場。パンツの世界だけで勝負して、勝てる時代ではなくなった証拠である。衣料小物やバッグなど、新たな市場や消費を喚起することをしないと生き残れない時代になってしまったのだろう。いかに貨幣価値の下がるデフレが恐ろしいかをまざまざと見せ付けられたシーンである。