にほんブログ村

ここ最近の、ラーメン市場は、スープの味に変化が訪れている。
これまでは「こってり系」が支持を集めていたのだが、「正麺しょうゆ」や「頂しょうゆ」に代表される、あっさり系のスープに脚光が当たっている。
理由は、お年寄りなど、高年齢層にも受け入れられやすい味にシフトしているから。あの「サッポロ一番」でさえ、毒々しい感じすらしたしょうゆ味を控えているのだから、世の中に迎合するように味を変えてくることは必然的な流れでもある。

そんな中、新製品で顔見世した「極どろ」は、珍しいスープの濃い目のガッツリした印象を受ける。3レビュー連続エースコックの製品が並んだのだが、これは単なる偶然ではなく、矢継ぎ早に新製品を投入してきた会社の方針にたまたま合致しただけでもある。

と言うわけで早速実食。
スープは、文言にたがわぬ濃厚振りを発揮。追い掛けした調味油は「高粘度コラーゲン」含有とあり、これも寄与しているものと思われる。ただ濃いと言うだけでなく、エキス分も感じられ、もちろん味もこってり感いっぱい。こしょうがまったく利かないほどの味付けは、ここ最近のカップめんでは味わっていない。
麺は意外にも太麺。「とんこつに太麺は・・・」と思っていたのだがさにあらず。ここまでスープが濃厚だと麺は太くないとスープを支えきれない。ズルズルとすすってもスープを余裕で持ち上げる太さがあればこその完成度である。湯戻し5分は余裕でかかるほどであり、この製品に関しては、あまり早めで食べることはお勧めしない。
具材は、貧弱を通り越し、入っていないのではと思うほどしかなく、この点ではがっかり。ただ、スープと麺を食する製品と考えたときに、あえて具材を犠牲にしたと思われ、その点では納得できるところだ。

前回の「深いコクのとんこつラーメン」では太麺(細くない麺)は不相応と書いた。もちろんこの考えはいささかもぶれていない。だが今回は製品としてのまとまりはあのスーパーカップを凌駕して余りある。それは、「思いっきり振れたスープに合う麺は太くないと無理だから」と言う製品コンセプトがしっかりとあり、「スープだけリニューアルすれば売れる」と言うスーパーカップのそれとは開発の仕方も違うといえるからである。

極端に極端を合わせる技法。意外と製品にもなっているところが正直驚きである。

  麺  3.4/5  スープ 3.2/5  具 2.3/5   総合評価 85点

(試食日時は12/30でしたが、1/1付けで書いています。あしからず。)