図書館で、いろいろと時間をつぶしていた小生。たまたま談話室で会話をしていた女性の一言で忘れていたことを思い出した。
「・・・・そうそう、すなばで待ち合わせて・・・」(しっかりした内容までは記憶してませんが)

「すなば・・・・・・・・・・」あああ!そうだよ、ソコも行きたいと思ってたんだよっ!!!おばちゃんかおばさんか知らないがありがとう!!!
早速ニュース記事だのブログ記事だのを探しまくる。ところが、意外や意外、ブロガーの投稿はびっくりするくらい発見できていないのである。
当方がようやく見つけたのがこちらのプログ。ニュース記事は意外とあちこちに落ちていた(何しろ知事の発言がそもそもの出店のきっかけですからね)。

と言うわけで、ジャーナリストの血が騒ぐ(爆)。矢も盾もたまらず、駅のコンコースを抜けて、南から北口に移動。
ええっと、どこかな・・・な、なんと!超の付く駅前の一階に鎮座ましましていたのであった!!

地図 URL:
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E134.13.48.6N35.29.29.5&ZM=12NaviCon:navicon://setPOI?ver=1.3&ll=35.494685,134.227419&appName=ICiAV4Ay

すなば_01


別角度から。
すなば_02


門前市を成す、と言うほどの繁昌ぶりでも無く、何気に一巡してしまったのかな・・・と思いきや、店内は結構な一杯振り。しかも当方が入ったとたんに来客が引きも切らなくなってしまい、総勢10名以上が入店するという混雑振りを見せた。
当方としては、「スタバ」並の、エスプレッソが楽しめるのか、と期待もしていたのだが、店内では至って普通のサイフォンで珈琲を仕立てていた。そりゃあ、スタバに対抗心があったとしても、あの機械を入れたら数千万円はかかる代物(まあリースにはするにしても、その代金は半端ない)。そのうえ、知事の発言に脊椎反射で出店となったとしたときに、そこまでの資金面で潤沢なものがあったかどうかは微妙なところである(当地では有名な外食産業を手がけている企業が出店したそうだ)。
そうこうするうちに、ブレンドコーヒー到着。何気にサイズのあるところはスタバを意識したものか?300円なり。
DSC_0032


コーヒー自体は奇をてらったものではなく、至って普通。やや濃く感じたくらいである。

鳥取の玄関口の名所と言うには地味すぎる嫌いもあるのだが、若者向けのカフェと言うよりは、スタイリッシュにした喫茶店と言うほうがイメージとしてはあっている。"本家"スタバも進出するらしいのだが、「やっぱりあっちのほうがうまいっ」とならないようにだけはしてもらいたいところである。