おそらく、世の中のブロガー氏、そしてラーメン愛好家があまたいるとはいっても、「競馬を趣味にし、なおかつ競馬場にあるラーメン店を批評すること」は稀有どころか、当方が初めてではないかとさえ思う。
そりゃ、当然なのかもしれない。なんとなれば、「競馬 ブログ ラーメン」のすべてを網羅する趣味人がどれほどいるのだろう?しかも、場外発売時以外では、別途入場料金もかかるのである(200円/最近は、無料で開催日に入られる日もあるようだ)。コストパフォーマンスは悪いうえに、開催日しか営業していない"幻の店"。土・日やたまの祝日の月曜日の開催日しか食べられないのである。

しかぁし!当方が阪神競馬場で昼食をとるとなったら、必ずこのラーメン店、というより立食いなのでラーメンコーナーに立ち寄る。なぜ、といわれると答えに窮するのだが、とにかくわたし好みの味だからである。

阪神競馬場のG騎催日の中にあって、最も混雑する「宝塚記念」のその当日に突撃した当方。11時過ぎに到着後すぐさま当該コーナーに立ち寄る。
消費税増税の影響もあって、並ラーメンが450→480円になっていたのだが、なんと、チャーシュー麺と、もう一つの看板メニュー、鶏のから揚げは据え置き!!ここは当然チャーシュー麺を注文する。
フウリン_01


ここのラーメンが手を抜いていないところは、スープや具材もさることながら、麺に因るところが大である。550円という価格ながら、下の麺が全く見えなくなるほどのチャーシューが敷き詰められているところもコストパフォーマンスを感じさせる。
そりゃぁ、専門店と同等の味・量まで期待してはいけない。しかし、例えば、阪神百貨店のスナックコーナーのラーメン同様、ここの麺が生めんであり、ストレートな中細で、歯ごたえも感じられる、レベルの高さにいつもながら感動する次第である。

ギャンブル場で食べるジャンクフード。その中にあって、外れていないうまさを標榜するここ・楓林。他場のラーメン店もめぐってみたいなぁ、と思っている。
フウリン_02


 麺 3.4/5  スープ 2.9/5  具材 3.3/5   総合評価 81点