にほんブログ村

インスタントラーメン試食記の方は、やや停滞気味。そのくせ、夏場の製品をはじめとして、新製品は出まくるのだから、スタンバイしている製品が多量になりつつあり、今後は昼食にカップ麺持参で臨まないとはけなくなるところにまでなってしまいそうである。

世の、カロリー摂取に思い悩む諸兄方にとって、いかに一食を控えるのか、は大問題。かといってまったく食べないわけにもいかず、主食だけでなく間食まで考慮し始めると、食べる、という欲求に対して、実に窮屈な思いをしないといけない。
しかし、その一つの答えを出し、いまだに売れ続けているのが、日清のカップ麺「スープヌードル」である。カップはそのままに、麺と具材の量を減らし、スープ感覚で食べさせる=味噌汁代わりにしてもらう ことに成功。ほかのメーカーがやむなく小盛り系を出し始めている中で、しっかりとしたカップの存在感は、売り場でも大きく目立ち、安売りの目玉にされることもあって、着実にシェアを伸ばしている。
そのコンセプトと、「ライトヌードル」という、カロリー控えめのヌードルシリーズとがいい具合に組み合わさったのが今回の試食品である。

では早速。
「そうめん」と銘打つだけに、細さは大丈夫なものの、やや縮れており、完全ストレートとまではいかなかったのは残念。でも、ピン、としてなかったわけでもない。
スープは和風ながら、うまみ成分は控えめ。入っている生姜のすっきり感が夏の食べ物という雰囲気を思い起こさせる。意外に具材は色とりどり。目にも楽しい製品は久しぶりだ。

これだけいろいろ特徴があって、198Kカロリーだそうだ。スープヌードルに飽きた層にはもってこい。しかも、夏場特有の「氷入れで食べる冷やしバージョン」も公式に紹介。定番化をもくろむ日清としては、この製品の浮沈が今後を左右するとみられる。
 購入場所 ダイエー三宮駅前店
 麺  3.1/5  スープ  3.4/5 具材 2.7/5  総合評価 83点