多分地元の新聞とかでは、大々的に報道されていたであろう、ダイエー浦安駅前店に関する、告発のニュース。
探してみたら、ありましたよww

http://www.47news.jp/localnews/chiba/2014/08/post_20140819124753.html

ていうか、実は、当方の訪問記番外編のコメント欄にも、それらしい文言が書かれていたのですが、「例の土壌がどうのこうの、ということが起因してるんでしょ、はいはい、知ってますww」とスルーしたのが実際で、ニュース発表から1週間近くにもなって「ええやっぱり告発されてたんだ」とようやくその事実を知るという状態になってしまった次第であります。

→ダイエーの公式ニュースリリースではなく「重要なお知らせ」を当方が見落としていたのも原因。ちょうどトップページを見るといい具合に「重要なお知らせ」が隠れてしまうので、今の今まで気が付かなかったという体たらくです。
(仮称)ダイエー浦安店出店に関する弊社の対応について(pdf)

さて、実のところ、当方もこのお店を巡っては、はっきり言って、業を煮やしているというのが実際である。記事を読むと「建設に反対している地元住民2人が」とあるように、恣意的に動かされている、あるいは「いちゃもんをつけている」とうかがえるような内容の告発であることははっきりしている。何しろ内容が、開発の面積の過少申告によるものにかかわる事項…オイッ、そういうことを告発するなら建築途上にやるのがルールってもんでしょうが!!出来上がった、ということは、ちゃんと許認可も取り付けて建てられたものであるのだから、今更告発っていうのは無理筋にもほどがある。

要するに「一日でも遅くオープン日を引き延ばしたい」という反対派の一種無駄な抵抗が、ここにきて激化しているとみるのが妥当である。正義ぶって告発するあたり、左翼臭がプンプンするのだが、こういう、金にならない…正確にはダメージを与えることが趣味、といってもいいS的な人種に引っかかってしまったこの店舗の先行きが思いやられる。

普通は、開店となると歓迎ムード一色に彩られるものだが、この店舗の場合、それこそカウンターデモよろしく、オープン反対の筵旗が大勢出てきそうな気がして仕方ない。
半年以上遅れることが確定的となった店舗。工事は終わっているわけだが、この告発のせいでオープンは確実に遅れる。もうどうにでもして、と本社サイドが投げやりになっている=上期にこだわらなくなってしまった理由がこんなところにも表れている。
(筆者注:本社サイドはダイエー浦安店(仮)としている。当方はこれまで、至近に新浦安店があることや、従業員募集の際に浦安駅前店の呼称が多く見受けられたこと、徒歩5分圏内であり十分『駅前』を名乗れるという判断から、この店舗を「ダイエー浦安駅前店」と呼んでいるが、これまで通りこの呼称で統一していく。ただし、本社サイドで正式名称が発表された場合には、以後の記事では正式名称で一本化し、それ以前のブログ記事の修正は行わないこととする。)