ブログネタ
流行語大賞候補、知らない言葉はいくつ? に参加中!
今年の流行語大賞50選のラインアップは、正直しょぼすぎる、どころか、本当にこんなものはやっていたのか、と思われるものが大半すぎて、戸惑ってしまう。
→今年の50選はこちら

本当に当方の周りではやっていた、といえない言葉ばかりで、本当に説明できるものって少ないんではないか、と思ったのである。
というわけで、知っているものを消していくとこうなる。
輝く女性 STAP細胞はあります バックビルディング まさ土
トリクルダウン デング熱 ダメよ〜ダメダメ 2025年問題
危険ドラッグ アイス・バケツ・チャレンジ 家事ハラ   マタハラ
ありのままで レリゴー こぴっと ごきげんよう
リトル本田 J婚  ゴーストライター タモロス
マイルドヤンキー  リベンジポルノ JKビジネス   絶景
レジェンド ゆづ 妖怪ウォッチ 塩対応
マウンティング(女子) こじらせ女子 女装子 号泣会見
セクハラやじ 集団的自衛権 限定容認 積極的平和主義
勝てない相手はもういない カープ女子 ワンオペ ハーフハーフ
消滅可能性都市 壁ドン ミドリムシ 壊憲記念日
イスラム国 雨傘革命 昼顔 塩レモン ビットコイン エボラ出血熱

おおお、意外に「消えて」ますね。誰が言ったのかよく知らない「勝てない相手はもういない」とか、バックビルディング/トリクルダウンなど、使ったこともない言葉まである。逆に当方もブログで使った「タモロス」や、ポスト・ポケモンにしっかりおさまった妖怪ウォッチなどは、当然大賞に近い候補でもある。
私としては、「号泣会見」と「STAP細胞」、それに「ゴーストライター」と「セクハラやじ」を大賞に選んでいただき、それぞれを再度登壇させて恥の上塗りにしていただきたいと思うのだが、それはちょっとやりすぎだろうかwww