当方の沖縄グルメの定番と化している、ここ・大木海産物レストラン。
実は、道路の改良工事まっただ中で、交差点そばにある同店には、ややアゲインストな状況が出現してしまっている。
それでも、当方が入ろうとした、7時過ぎには、先客含めて、3組が喫食中。今日のカウンターには、三線を奏でる爺やが一人いるだけで、前回のようにギターでボロロン♪というほどやかましくなく、むしろいい感じのBGMになっている。

もちろん、今日も今日とて、「魚のバター焼き定食」。
大木


そして、完食www もう、ここまではお約束と言ってもいいだろう。
大木完食


ちなみに今回のお魚も「マチ」。お魚はお任せなので、選べないというデメリットはあるが、本当においしいお魚の、ダイナミックな定食はそうそう食べられるものではない。観光客相手の価格にしてある=地元民が足しげく通わない/それほど込まないという点も悪くはない。来年行く機会があれば、この交差点がどう変貌しているのか、見てみたい。