にほんブログ村

前回に食べたカップ麺が珠玉の出来だったこともあるのだろうか。今回食べた「みなさまのお墨つき」に関しては、今まで食べたヌードル3種+和風麺を含めた、5品種の中で、最低の評価を下さざるを得ない事態に陥ってしまった。

製造は、JASマークの存在もあるが、ぼこぼことした、紙カップで、日清確定。なので、そんなに外れではないだろうな、と思っていたのだったが、前提が甘かったのか…
麺は、当然、レベルの低い、幅広麺である。まあ、「どん兵衛」の技術を落とし込め、とまでは言わないが(まだ、元を取っていないのだろうか…)、もう少しやりようというものがあったはず。一昔前の、もさもさもそもそするような感じもあって、かなりがっかり。
そしてスープだが、関西風とうたっている割に、だしの感じや、そこはかと感じる甘さは控えられ、深みは一切なく、塩分だけが強調されたかのような仕立てにしてあった。これには大げさではなくかなりのショックを受けた。もちろん、薄口しょうゆで仕上げるので、若干塩分はきつめに感じるのだが、カップ麺は、もともと湯量も限られており、その部分をごまかしごまかし表現するのが今までだった。ここまでダイレクトに味付けしてしまっては、関西人としても納得は行かない。
きつねという割には、きざみ揚げと梅型かまぼこ。このきざみが、もう少し甘めに仕立ててあれば、それで何とか帳尻もあっただろうが、揚げの味もスープに溶け込まず、完敗。

今までの「みなさまのお墨つき」は、どこかに取り柄というものがあった。しかし、今回のきつねうどんだけは、本当にどこにも取り柄がない。もちろん、まとまっているという点では、唯一低評価はまぬかれているが、その程度。改めて、西友店舗に立ち寄った時に「こいつを買うか」と言われると、私は決して手を取らないと思う(そばの方は買うと思うけどね)。

 購入店舗 西友 新長田店
 麺 2.4/5   スープ  2.4/5  具材  2.5/5  総合評価  70点+コスパ1点