にほんブログ村

カップ麺の世界にも、夏向けの商品が並び始めている。
辛さを前面に押し出した、日清の「とんがらし麺」シリーズはその最たるもの。支持層も多いのだろうか、毎年のように発売されている。

その対極を行くのが「あっさり系」の商品や、焼きそばの新フレーバーだったりする。リニューアルされたと聞き、食べたいと思っていた「そうめん」のカップ麺をようやく発見。しかも、棚の中は、残り一個!!まさにかっさらうかのように籠の中に投入する。

昨年にもほぼ同じ商品についてレビューは行っている。→こちら
スープの意外な仕立てぶりにかなり感動しているようだったが、今回は、どちらかというと、スープより、具材の色とりどりぶりの方に目が行ってしまった。

具材で、一番目を引いたのはオクラ。これが入っているカップ麺は初めてだからである。無難なところ(キャベツ、白ネギ)に、彩(トマトの赤、黄ピーマン、シイタケ)と、すっきりさを演出する生姜の香りは、前作同様。
とはいうものの、若干塩分を控えた感のあるスープは、訴えかけるものに欠ける、パンチのきいていない仕立てにしてあり、この部分ではやや不満が残った。
最後の麺だが、前作よりはややストレートさを主張するものの、3分戻し対応の麺にしてあるところと言い、取り立てて、美味とか、感動を呼び起こすものではなかった。

登場当初は、驚きをもって迎え入れられたそうめんのカップ麺だが、麺の頼りなさと、低カロリーで食べてもらうことが主眼になっている以上、大のおとなの男性には食後の物足りなさが際立つ結果になる。もちろん、対象としている層は、摂取カロリーに敏感になっている、ダイエット女子向けであるともいえ、私が評するのもちょっとお門違いかな、と思ったりもする。

 購入店舗   ダイエー 三宮駅前店
 麺  3.0/5    スープ  2.9/5  具材  3.5/5   総合評価  81点
<参考:昨年の同等製品の評価>
 麺  3.1/5    スープ  3.4/5  具材  2.7/5   総合評価  83点