にほんブログ村

中部地区のダイエー店のイオン移管が伝えられた時、私が一番びっくりしたのが、建て替え直後と言ってもいい金山店(0762)の処遇である。

当たり前のことを言うようでなんだが、建築計画が持ち上がった時、イオンの足音はひたひたと迫っていたとはいえ、よもや、地区ごとイオンに異動するなどとは、誰一人思っていなかっただろう。それが証拠に、B1から1階に上がるエスカレーターの左側の壁には、ダイエーのロゴをかたどって、壁紙をくりぬくなど、意匠もかなり凝らしている。こういったお金をかけた工事が一瞬で無駄と化すのである。新たなダイエーカラーと位置付けている、ブラウンとオレンジの配色も、恐らく様変わりするのだろう。
開店当日に訪れ、2か月後にももう一度。今回で3度目となる金山店の訪問だが、新たな発進のつもりがこういう結末になろうとは…

しかし、店舗に訪れて、天候が回復した空をバックに写真に収めて、改めて、その威容に触れた時、「まあ、建て替え復活しただけでも良しとせねばなるまいか」と、半ば『店舗として存在している』ことへの感謝の方が上回るから不思議である。
金山


店内も様変わりしていた。サービスカウンターの左隣にあったセルフレジが、有人レジの左側(今までと逆側)に位置。精算系が一か所に収まった関係で、すっきりした印象を受けた。多分に、そこにセルフレジがあった背景には、惣菜系をワンストップショッピングできるようにする意図もあったと思われるのだが、導線的に具合が悪いとなった結果ではないかと思う。

とまあ、いろいろと書いては来たが、ダイエーとして訪れる金山店はこれが最後。開店から1年で3度も訪れた遠隔店はそうそうないだけに、脳裡に深く焼き付いた店舗を背に、名古屋市を後にする。

 訪問店舗データ
 店舗名  金山店         店舗コード   0762
 購入品  パンほか3点      購入金額   259円