ほぼ毎日のように更新してきていたわけだが、ここ最近、頻度が下がってきているのだが、これにはちゃんとした理由がある。

ズバリ、体調の低下である。

とは言っても「身体」の方はそんなでもない。今超絶不調なのは「歯」である。

8月に始まったこの不調ぶりが依然として収まらず、絶賛歯科医に通いまくっている状況なのだ。
そもそものとっかかりは、右上の犬歯の被せが外れたことに端を発する。これが2度目まではうまく「被せの修復」で収まっていたのだが、3回目となる今回、土台となる元の歯が修復困難ということで、とうとう抜歯にまで発展。今の保険治療では、歯があるように見せかける「被せでのブリッヂ」しかできない模様で、結果、両隣の歯を削っての仮の被せがかかっている状態。

この仮歯がかかっている状態で、バランスが崩れたのか、左奥の奥歯(虫歯治療済み)が崩壊。2本に渡っての被せが取れ、最奥の歯は、土台が痛んでいるとのことで抜歯に至り、それが終わったら、今度は右奥がしくしくと痛む。もちろん、これも虫歯治療は終わって、10数年たつのだが、神経が残っていたことが災いして、噛み合わせの影響だろうか、噛むと痛い状態が続いている。

「噛めない」と食事がおいしくない。当然量も減り、内容も悪くなる。図らずも体重も減っているわけだが、「食べられないとやせられる」ということが実証されたことにもつながる。

今日のとりあえずの措置と投薬で、「噛める」生活が戻ってくればいいのだが、どうも一筋縄でいきそうにもない。年内で何とか終えられると思っていた私が少々見通しが甘かったようだ。