にほんブログ村

ここ最近、インスタント麺業界で一番気を吐き、商品開発に躍起になっているのが、「サッポロ一番」でおなじみのサンヨー食品である。

一番びっくりしたのは、ここ最近「鍋スープ」に進出したという点。今までラーメンのつゆを鍋のもととなるスープに代用する、という発想は全くといっていいほどなかった。もちろん、〆のラーメンも同梱。鍋前提という点では、ここがトップバッター、となる(箱正麺は、『煮込んで食べる』となっており、永谷園の「煮込みラーメン」の対抗製品と位置付けられるものだろう)。
→尼で確認。こちら。



そのカップ麺バージョンが商品化。もちろん、そうなると、普通の塩/味噌ラーメンとはスープの出来が異なるだろうな、と想定しての実食になったが、その考えはズバリはまってしまった。ちょっと悪い方に…
麺は、いつものやや細めのものではなく、鍋の〆に使われるかのような、ちょっと太めの麺。勿論食べ応えという点では、かなり満足度は高い。
ところが…あのとげとげしい、塩らーめん独特の塩加減はなく、あるのは鍋を煮込んでいろいろとエキス分の出た、まろやかさを備えた別物。ふたにも「鍋風スープ」と書かれているので、納得。具材は確かに彩もよく、鍋を煮込んで、残った野菜が出てきましたよ、的な感じに仕立ててあるのもよかった。

麺が太くなったことで、すきっとした印象のスープでは持たないと考えての、ややもったりとしたスープにしたのだろう。試み自体は買えるが、いざ、実食すると、鍋とカップ麺というアンバランスを意識せざるを得ない。
チャレンジは必要だが、コンセプトと実際の味が乖離しているようにも感じられる。残っているみそ味も、このパターンになっているのではと思うと、きが重い。


 購入店舗  ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.5/10   スープ   7.0/10   具材   7.5/10   総計  22.0/30
 価格補正  +0.5     総合得点   22.5/30    格付け   B+(期待を裏切られた)