にほんブログ村

ダイエーという企業を、物心ついたころから、ずっと気にかけ続け、「物流の最先端」で、「店内」で関わり続けてきた当方の50年余り。
この中にあって、ただただびっくりする店舗訪問になったというのは、今回遡上にあげる旧SP福岡(0475)と、現在はイオンリテールストア所属の旧横須賀店(0425)である。

とはいうものの…実は、旧SP福岡については、2009年以前に訪問したこともあり、2013年に福岡県内の店舗巡りをしたときにも対象店舗にはしていなかった。
な・の・で、現状の店舗外観というものは当方のライブラリの中には存在しない。
→当方と違って、多方面から映像に残されている姿には感服。ご存知マックロードさんの当該店舗ブログで往時をしのんでください。ちなみに記事作成は2015年。

では、いつに来たのか?福岡店訪問時は、学生時代にさかのぼる(当然写真もレシートも残っていない、完全なる記憶の中だけの訪問/未訪問店を一店でも減らそうというのが当時の考え方であり、再度訪問は、するにしてもまたいずれ、と考えていたため後回しになってしまった→まさかの九州島内全店の移管)。クラブ活動の帰路、当店に立ち寄り、何気にスイッチが入ってしまい、惣菜系やら、ビールやら、むさぼるように買っていたことが思い起こされる。

当時まさにバリバリの現役だったCEO(中内功氏/功の正式な漢字は力の部分が刀)をして、「おれはここに、"戦艦大和"をつくるんや」(ダイエーグループ 35年の記録 148ページ)と言わしめた旧SP福岡店。
その実に20年後の1991年4月25日に開業したのがダイエー横須賀店(0425)である。
SP福岡が「戦艦大和」なら、横須賀店は今風に言うと、イージス艦、とでもいおうか。あるいは昔風なら重巡か。
それくらい、威容をもってそびえたつ店舗は、数ある店舗を見てきた当方としても、印象深いものがある。

実は、1991年は、当方が社会人一年生の時代。今ほどローンも厳しくなく、すんなりと新車のローンも通り、P10を購入。それを駆って当店に勇躍訪問したのが初めてであるが、その時の活気と異様なまでの盛り上がり度合いは、巨額の負債があった企業とは思えない規模だった。

結果的に「イオン」化の道を歩んでしまったわけだが、看板はかけ変わっても、CEOが残したこのデザインは、建築関連の賞を取ったことでもわかる通り、未来に通じるものであるに違いない。
横須賀_01

横須賀_02