私はあえて言うと、「元・宮崎シンパ」であり(多分超話題作でも行かないでしょうな)、長編作家では、細田氏も新海氏も、押井氏であっても、ファンである、とか、その人の作品なら無条件で見る、というレベルにまでは至っていない。ましてや信者クラスにまで入れ込むことは、作品を客観視できないこともはらんでいるので、極力しないできている。

だが、今回の「君の名は。」を、新海信者の立場から見ると、かなりの衝撃だったようである。特に「いろいろなシーン」が自身の作品のオマージュだったり(特に最終シーンも「秒速」のオマージュであり、ここですれ違って終わるのが今までの新海節、だったようである)、普通にハッピーエンドにしてあったり(こまっしゃくれて終わるのが定番だったよう)。驚きの連続だったようである。

今、その方の長編のブログを読ませていただいた。
新海信者が『君の名は。』を見て新海誠に敗北した話

当方は、新海氏のポテンシャルは「ある」とは思っていたが、興行的に上げられない人だな、くらいの印象だった。特に瞬間話題になった「秒速5センチメートル」は、評価が真っ二つになっていたことを思い出す。まあ正直、このあたりでもう少し『気にかける』必要はあったのかもしれない。

この筆者の信者ぶりは恐ろしい。『拗らせた評論家気取りのオタクがあーだこーだと批評してペロペロするのが新海作品』とまでの”溺愛”ぶりである。事実、この方は、初日初回に着席している”筋金入り”だと推察する(前売り券までゲットとは…)。
だが、そうであるがゆえに、新海氏の「君縄前」「君縄後」がはっきりと視認できる立場にいらっしゃるとみている。ブログに書かれている内容は、確かに分析に近いものでもあるわけだが、私をとらえて離さない「何か」を内包している・・・
  
   そして「お前が世界のどこにいても必ず会いに行く」という瀧のセリフ。
   この作品は瀧が三葉を探しているだけではいけないこと、
   再会しなければならない事が、作中で示されているのだ。
  
この文に出会った時に、不覚にも・・・(ドウナッタカハカキマセン)。

信者の方が思い描く新海像と、私のような、広範なアニメーションファンとは見方が違って当然だろう。特にここまで物語としての厚みも、読了感が半端ないところも、今までの陰鬱で、オタク(信者)受けしか狙っていないようなつくりとは一線を画しているところに驚いたのも無理はないし、ほぼ初見に近い当方までもが腰を抜かしてしまったのも至極当然といえる。

それでも当方は、まだ「この人はこの程度で終わるべき人材ではない」とひそかに思っている。仮に今作で「千と千尋」を越えることができなくても、それは我々に「もう一度、ワクワクさせてくれるチャンスが巡ってくる」ことを意味する。もちろん、それは新海信者にとっては、悩ましいところではあるのだろうけれども。

商業・興行的に成功できるアニメーション作家に脱皮=成長したことをこの信者氏は喜びつつも、自身のこだわりと固定観念ぶりを反省し、敗北を認めている。だが多くの信者たちはこの変質ぶりに戸惑いを隠せないでいることだろう。ここまでのヒット作になってしまった「君の名は。」。新海氏をデビュー当時から見続けている方にとっては、別次元に転移した作家氏の心変わりを受け入れられるかどうかにかかっているとみる。