三つ前の記事では、とりあえず「この映画のことは頭から抜いてみたい」と宣言していた…はずである。

それがどうだ。カラオケに絡めて主題曲を紹介するわ、公開初期に見た、新海信者のブログを紹介するわ…なぁんだ、結局一緒じゃんwwww

そして、1/9の成人の日をもって、当方にしてみれば激動の年末年始が終わりを告げた。

この作品の今後を占うこの期間。当方の記事から、この冬休み期間の実績をどう予想したのかを抜粋してみる。

 直近の情報  だが、1/9終了時点の着地が1770万人強とみられることから(これで少し休筆。ほかの記事書かなきゃwww  より)
 当初の予想(「さらなる高み」が見えてきた より)
タラレバになるが、仮に年末年始、一日当たり現状の平均値の2割越え=7万人程度が毎日足を運ぶとして、20日弱で140万人…ここまで来て、初めて、「アナ雪」のしっぽが捕まえられると判断する。

正式な数字が出る前段階。だが、当方が想定したことはどこまで正しかったのかを検証しておいて損はない。

さて、今年の冬休み期間をどう判断したらいいかは意見が分かれるところである。12/23金曜日は今上天皇のご誕生日であり、祝日になっている。また、クリスマス当日が日曜日であったこともあって、学校の終業式は12/22で行われたところが大半だろうと思われる。また、1/8が始業式というところが多いはずだが、今年は、1/9の成人の日までの少し長めの18日と考えるのが妥当であろう。
「興行収入を見守りたい」スレを参考に、12/23~1/9までの入れ込みをデータとして紹介する。

     12/23-25 12/26-1/1  1/2-1/8 1/9
-----------------------------------------------     
月           *22100  *84623 *61055
火           *21169  *82327
水           *34594  *67928
木           *41470  *31892
金     *39335 *51351  *24893
土     *41867 *34544  *38825
日     *43327 *87646  *65280
これらすべてを総計すると、874226人と出た(ここで確定/正確な数値は必要ない)。これに、全体の観客数を割り出すのに必要な係数…このスレ自体が、大手のシネコンの販売実績しか取れていないため、独立館や、このスレが拾えていないほかのシネコングループ(OS系など)の数値を含めた動員数を導き出すためのもの…をかけ合わせるわけだが、当方は、今回、掛け値なしに「1.65」と予測する。
すると…
   874226 × 1.65  = 1442472(小数点以下は切り捨て)

おおお!!!
これはぶっちゃけかなり控えめな数値である。それで、12/23-1/9までの18日間で144万人余りが見たことになる。
実際の数値と照らし合わせるとどうか?
1/5までの数値は上がっている。1735万人だ。wiki上では、12/25までを含んだ数値が1640万人である。
1640−(12.4×1.65)+144=1763(万人)。1/5の数値に動員数を足しこんでも1766万人あたりが導出される。
なななんと!!当方の予想はほぼバッチリと当たっているということが証明されてしまう。
1/9の着地1770万人強→係数は多少変動しても、1760〜1770万人はほぼ確定。
冬休み期間の動員が140万人→爆裂した三が日あればこそだが、それが読めた小生、凄すぎwww

というわけで、ほぼ、「アナ雪」も射程距離に入ったことがこれでうかがえる。
なんといってもIMAX上映はこの上ない援護射撃である。当方は、この上質なる映画は見たことがないのであるが、かりにこれを見てしまったら、ほかのスクリーンがあまりにしょぼく感じてしまうのではないか、と危惧するのである。
念のためにここで上映館情報を抜粋。さらに東宝の公式に飛べば無問題。IMAX併設館であっても、このリストにない劇場ではやりませんのでお間違えなきよう。
昨年鑑賞した多くのリピーターに加え、この年末年始に新たな中毒予備軍を多く輩出したと思っている(それが証拠に、当方のブログ閲覧記事上位が、関連のもので〆られてしまった!!)。争奪戦という言葉が等しいような取り合いは必至だろう。
まあ私としても、もはや「6回目」wwwwww よほどのことがない限り、また新たな発見があるとは考えていない。純粋に楽しみ、そして嗚咽を伴うくらいギャン泣きしてしまおうかと思っている次第である。