実は、本当に電車で行くGC小林(0211)は、かったるいのである。徒歩往復30分近くは、初夏の気温が上がり始める午前中であっても、かなりのだるさを増幅させる。
当然車でしか行きようのない、GC今津やGC西武庫などとの合わせ技で行くべき店舗だとしたいところだが、阪急宝塚支線唯一の店舗でもあり、思い立たなければなかなか立ち寄れないところもあるので今回は訪問したというのが実際である。

小林駅前のスーパーも少しだけ拝見。目玉が結構面白く、危うくいろいろ買いそうになってしまった。
ここからは普通に西宮北口に戻り、神戸線沿線の店舗踏破に戻る。

二駅のところにある塚口。駅前の「塚口さんさんタウン」の中核店舗である塚口店(0318)が目の前にそびえる。
塚口170522_01

塚口170522_02


この建物。塚口店のオープンが1978年(昭和53年)。そう。来年で築40年になるのだ。ここにも、老朽化の波が押し寄せている。
駅のロータリーを取り囲むように存在する、1番/2番/3番館だが、ここ数年で全面建て替えの計画が持ち上がっているようである。
→手始めが、なんと、ダイエー食料品も入っている3番館から。詳細ブログ。
これで塔屋が消えた理由も納得がいく。今年中の解体なら、手始めに・・・という部分は納得できる。
そう思うと、この金看板。なかなかに味わい深いものがある。

塚口170522_03

ロゴは当然2代目。地権者がダイエーと共同で建てた建物であることも伺い知れる。時代も変わり、駅直結のタワーマンションに生まれ変わるのだという。
だとしたら…また兵庫県下で店舗が一つ姿を消すことになりそうだ。有数の売り上げを誇っていた塚口にまで、カウントダウンの足音が忍び寄っている。
【店舗訪問データ】
 店舗名  塚口店                   店コード  0318
 購入品  スポーツドリンク他3点 計4点     購入金額   355円