にほんブログ村

日清の製品なのだが、「これじゃない」感がいっぱい出てきて、げんなりしてしまっている。

と、冒頭で言ってしまいたくなるほど、今回の特製麺職人は、やはり作り込が圧倒的に足りないと感じてしまう。
麺は平打ちで、そこは現地を模した部分もあるのだが、麺の滑らかさというか、麺職人シリーズ独特の持ち味が若干削がれているように思う。
そしてダメダメなのはやはりスープである。かつおだしの塩味スープなのはいいのだが、全体的に手数は少なく感じる。端的に言えば塩味が勝ってしまい、現地で食べたような、深みも味わいも打ち消される。
具材も高レベルは期待できず、いつもの麺職人。ぎりぎり紅ショウガが入っていたので、色味にもスープにもアクセントになってくれたのが幸いした。

雰囲気だけの沖縄そば。実際、「これが沖縄の味だぁ…」と誤認してもらっては困る。麺がどうこう、スープがダメダメ、以前の問題である。
こういう製品なのだ、と理解して食べるしか評しようがない。

それにしても…
少し外れ度合いが上がってきている。当たり前だが、打数も多いから、凡打の山の中にクリーンヒットがあることは否定しない。それでも、チャンスの時に打ってくれないヒーローには辛辣な評価しか下されない。
粗製乱造/なんでも飛びつく、という一時期のパチ・スロメーカーのような拙速を止めるだけで未来に冠するブランドを作りえる素質はあるだけに、一層の奮起をお願いしたいところである。

 購入店  ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.5/10   スープ 6.0/10    具材  6.0/10    総合計 19.5/30
 価格補正  なし     合計   19.5/30     格付け   C(別物として、でないと)