にほんブログ村

ハズレ続きの日清製品。まあ、「個人的感想」の範疇なので、あれが気に入っている、という方には響かないレビューになっていることは否定しない。

そうは言っても、「当たり」を知りたいと思うのは当然のこと。AFURIシリーズはハズレが少ないのは知っていたのだが、なかなか手に入れられずにいたのだが、ようやく食べることに成功する。

麺は、なんと、全粒粉を練り込んだもの。ところどころツブツブが見られるわけだが、この麺を採用したのは店舗も同じ。ここまでの再現度で迫ってくるとは予想していなかったし、それは大きくプラスに出ている。麺は軽快そのもので、新食感と言い切ってもいいくらい。こうしたチャレンジができるところは、さすが大手、といった貫録を見る。
柚子塩とうたっている柚子の香りだが、これは、ゆず皮が入っていることで、いつまでたっても香りが消えない。人工的な香料ではなかなかこうはいかない。ここもポイント高い。スープの塩味加減も、予想よりしょっぱさが前面に出てきてはいるが、ふぬけた感じのスープとは違い、最後に入れた黄金香油の効果もあって、複雑に感じられた。具材は、想定よりは少なく感じてしまったが、ロースト鶏肉はこの手のラーメンの具材としては珍しく、食感・彩りも悪くは見せていない。

首都圏にしか店舗がないAFURI(阿夫利、と漢字が当てられている→公式サイトはこちら。山の名前だったのね)。なかなか食べに行く機会は得られないが、一度店舗にお邪魔してみたいと感じている。

 購入店  ダイエー 神戸三宮店
 麺    8.5/10   スープ 7.5/10    具材  7.0/10    総合計 23.0/30
 価格補正  なし     合計   23.0/30     格付け   A+(店舗の味が知りたい)