にほんブログ村

汁ありカップ麺を汁なしにブランドチェンジ。まあまあ良くある「コラボ」というか、バージョン違いというか…ただ、この手法をよく使うのは東洋水産系が多い。
問題は、それで製品として成り立っているのなら、何も気にする必要はないのだが、今回の製品だけは、何とも言えない残念感が残ってしまう。

マルちゃんの焼きそば麺なので、比較的やわい感じがする丸断面。細めなので歯ごたえやコシは今一つ。まあ、これはほぼ想定内。だが、やはりソースは残念ながら、粉末ソース=カレーパウダーだったこともあり、粉っぽさが出てきてしまう。スープに溶け込む感じなら、そういったことは感じずに済んだはずだが、こればっかりはどうしようもなかったか…
具材も、実際の「黒い豚カレー」をそのまま踏襲したことで、ニンジンと豚肉だけというありさま。焼きそばっぽく感じなかったところはせっかくの肉入りであってもこれでは「麺を変えて汁なしにしただけ」でしかない。

ブランドがあるから、それを冠した製品を出せば、そこそこに売れるのはわかるし、製品開発もチョチョイのちょいだろう。だからと言って、やっつけレベルの製品を出されると、一気に萎える。焼きそばに合うような粉末ソースのあり方というものももっとお金をかけてやってくれるべきものだし、それができているほかのメーカーのこともある。
安直に製品化/棚を埋める方向ではなく、もっとしっかりとした作り込はしてほしい。いかに安い製品であっても、である。

 購入店  関西スーパー 大開店
 麺    7.0/10   ソース・味付け 6.5/10    具材  6.5/10    総合計 20.0/30
 価格補正  +0.5    合計   20.5/30     格付け   B-(ただただ残念)