にほんブログ村

カップ麺の世界にも、夏向けの商品が並び始めている。
辛さを前面に押し出した、日清の「とんがらし麺」シリーズはその最たるもの。支持層も多いのだろうか、毎年のように発売されている。

今年も、そうめんの季節がやってきた、といっても過言ではない。冷たくして食べるやり方もあるのは知っているが、ここは温麺での挑戦。→製品情報ページはこちら
まずはスープから。「鯛だし柚子風味」とのことだが、ゆずの香りは、ゆず皮で表現しているので、意外なほど長持ちしていた。科学的な表現でごまかさず、物理的な香りで迫ってくるのは価格的にも納得できるところだろう。鯛だしっぽい感じもする、かなり上品な仕立てで、合格点は上回る。
麺はそうめんであり、何か特筆すべきところがあるか、といったらない。具材の方は、白身魚のつみれ、花型かまぼこなど5種類。前回食べたものは、色とりどりすぎて、見た目にも楽しかったが、そこまでアピールすることは無く、まあ、こんな程度。

だしの感覚はかなり上振れており、具材でもう少しアクセントがあれば、充分に定番としてもやっていける。もちろん、これ一杯では物足りなく感じるのはシリーズ共通。そこは越えられない壁だといえるが、それでも、毎年の風物詩にできるあたりが、ほかのメーカーと違うところともいえる。



 購入店舗   ダイエー 神戸三宮店
 麺    7.5/10   スープ   8.0/10    具材  7.0/10    総合計 22.5/30
 価格補正  なし     合計   22.5/30     格付け   A(定番にしちゃえば?)