「ハァァァァァ」
ため息をつきながら「正装」で出かける。

35回目/塚口サンサン劇場で、スクリーンで見られる最終回の「君の名は。」を観た時とは全く違う感情。このときは、本当にスクリーンに会釈してしまうほどの感謝を感じていたものだった。一年近くも作品に関われた。そんな作品だったわけである。
だが…
すんなりした作劇と内容なのに、言葉の力を体現させようとした「きみの声をとどけたい」は普通に良作だった。いや、君縄を知らず、いきなりこの作品で復活をしていたとしたら、下手するとすべての作品を押しのけて一位奪取もありえたくらいの衝撃だった。
主役級は全員オーディション/作画・キャラデザは中の上/せいぜい音楽面でちょっとプラスがあるくらいか、と思っていたのだが、実は、主人公役の声優さんが歌うオープニングは、意外に凄みがあることに気が付かされる。
もちろん、名曲の呼び声高い合唱曲となった「Wishes Come True」は、最終盤の見せ場で流れる。この曲の神っぷりは半端ない。特に登場人物が歌うシチュエーションの楽曲でここまで感情を持っていかれるとは思っても見なかった。そして、エンディング。もういう言葉が見当たらない。

それでも満席どころか半分も程遠い観客数に唖然とする。9/1の初見/ファーストデーですら14人しか対峙しない。9/7に緊急的に見に行ったのだが、8人!!スタートダッシュがいかに大事かを思い知らされる。この興行では、延長など望むべくもなく、9/14のファーストランでミント神戸も終了する。

まあ仕方ない。無駄と知りつつ、動員を積んでみる。「どうせ満席など程遠いだろう…」
結果としては、14名/女性ペア一組を除いて全員男性という状態。カップルで見るデート映画でもないので当然ゼロ。男性ペアが一組入ってきたが、ほかは男性ソロ。そして不思議なことに中年層が大半を占めるのだ。20代も2人はいたが、それ以上の人たちが平均を持ち上げる。40代中盤と少し精密度が上がるほどのウォッチングができた。

映画の優劣に言及しても仕方ない。良作、必ずしもヒットせず、なんていう作品は私が今まで知らなかっただけで、数の上ではエンタメ作/ブロックバスター的な作品よりそっちの方が多いはずである。「この世界の片隅に」のように、じわじわ右肩上がりすらなかった今回の興行は、作品のアウトラインが、あまりに平板で、広告宣伝が難しかったことも如実に表している。
評価されなかった(観客動員できなかった)ことをスタッフたちはどう見ているのか…それでも、クライマックスシーンで泣きながら「Wishes Come True」を口ずさむ小生。少ないながら、観た人に何かを残せる映画になったことは間違いないだろう。